西原理恵子 & 山崎一夫 博打は出世の早道じゃ! あなたもすぐなれる ギャンブル依存症!!

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門【第6回】

博打は 出世の早道じゃ!

西原理恵子さんと、末井昭さんは、かつてお互いにチンチロリンの良き勝負相手でした。
チンチロリンというのは、ドンブリの中に3つのサイコロを振って、その出目を競うという日本古来のお手軽ギャンブルです。

「チンチロリ~ン」

という涼しげな音とともに、暑苦しい勝負をするのが名前の由来。

このギャンブルは、ごく手近かな道具でできるし、回り胴といって、親を交代でやるので、参加者全員に平等なチャンスがある。
数あるギャンブルの中で、決して裏社会の人たちが関与しない、とても健全なギャンブルなんです。

「勝負! チンチロリ~ン」

一番強いの役はゾロ目で、サイコロの目が3つとも同じに揃った時。
中でも1のピンゾロは配当が5倍
次に強いのがシゴロ。名前のとおり、目が456と揃った時で、配当は2倍
逆に最も弱いのは123のヒフミで、支払いが2倍の大赤字です。
これらは特殊役で、たいていは1から6までの出目の大きさで勝負。
113なら3が出目。665なら5が出目で大きいほうが勝ち。

高田馬場のバーで年配のママを交えて、明け方まで勝負したことも良くありました。
以下、西原さんの言動です。

「ウラーッ、シゴンロク!」

自分がサイコロを振る時は、ロシアの突撃兵のような掛け声をかけます。

「シャーッ 6のかっぱぎ!」

どんぶりの周りにある、賭け金をひったくります。
かっぱぎというのは、親の総取り、あるいはギャンブルでのバカ勝ちのこと。
追い剥ぎの剥ぐに、接頭語がついてるんでしょうか、ちょっと下品ですね。

逆に末井さんが振る時は、

「ヒッフッミーッ」

と呪いの声をかけます。
その勢いに動揺して、末井さんはサイコロをどんぶりからコボしてしまうチョンボ

「はい、ションベン出たー!。末井さんの総付け(全額負け払い)ね」

「今のは西原さんが邪魔したからだよ~」

「やかんしゃい! 早く払え、頻尿じじい!」

かなり下品です。

チンチロリンは、公平なギャンブルなので、お互いの同意さえあれば高レートは可能
西原さんたらかなり無謀で、熱くなってくると、札束を輪ゴムで巻いて、恵方巻き(太巻き寿司)にして賭けたりしてました。
末井さんに至っては、ドンブリいっぱい、牛丼特盛り状態に●●円札を張るんです。

「西原さん、この大勝負受けてくれるかな?」

「むむむ、いいよ」

サイコロを持つ手が、プルプルしてます。

「しょっ、勝負!」

「カチーンッ」

気合いを入れすぎで、サイコロがどんぶりを飛び出してションベンだ~。

「きゃ~っ」

余談ですが、ぼくは西原さんを末井さん相手に、密かにチンチロリン必勝法を発見してしまいました。
それは小さめのどんぶりを使うだけ。ふふふ。

ある日試してみたら、見事に成功。
西原さんは5回に1回くらいの頻度でションベン

「ううう、今日はこれくらいで勘弁したるわい!」

と、泣きながらお家に帰ったのでした。

あなたもすぐなれる ギャンブル依存症

人のことを言える立場ではありませんが、西原さんも末井さんも、一時はどっぷりとギャンブル依存症(中毒)になってました。
3人で仕事の打ち合わせが終わった時のことです。

「チンチロリン、ちょっとだけやりたいね」

と末井さん。

「でもサイコロがないよ」

とぼく。
末井さんはニヤリを笑い、おもむろにポケットからサイコロを3つ取りだしたんです。
あ、西原さんまで。

2人の中毒ぶりにあきれはてたぼくは、やむなくフトコロから、用意しておいた小さめのどんぶりを取りだしたのでありました。

前回の負けパターンの中には、ギャンブル依存症の特徴もいくつか含まれています。
今回はその他に紹介します。
●ギャンブルの専門用語を日常的に使う。テッポウなど。
●一人でいると、パチンコのリーチ音が聞こえる。
●着メロにビッグボーナス音。
●次に負けたら、お金が払えないと分かっていても、やめられない。
●負けたらすぐにお金をおろしてきて、勝負を続ける。
●生活費より軍資金の心配をしている。
●消防署の半鐘が、競輪のジャンに聞こえる。
●チンチロリンのためなら、国宝「曜変天目茶碗」でも使う。
●チンチロリン用のサイコロが無かったので、ケシゴムで作った。綺麗にできたけど、音が出ないので寂しかった。しかもゴムなのでションベン飛び散るし。

このうち3つ以上思い当たるようなら、立派なギャンブル依存症です。
特に音が聞こえるというのはマズイ徴候です。

「ピンポーン、リーチ」

やがてテーブルの上で、米粒くらいの大きさのピンクの象たちが現れ、麻雀牌をかついで大名行列をするのが見えたりするそうです。

「パオーン、君もいっしょに行こうよ」 

(文:山崎一夫/イラスト:西原理恵子■初出「近代麻雀」2010年8月15日号)

●西原理恵子公式HP「鳥頭の城」⇒ http://www.toriatama.net/
●山崎一夫のブログ・twitter・Facebook・HPは「麻雀たぬ」共通です。⇒ http://mj-tanu.com/

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門は毎週水曜更新!!(次回は7月18日更新予定)

関連記事

さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門【第5回】
さいばら&山崎の でかぴん麻雀入門【第7回】

この記事のタイトルとURLをコピーする