勝又健志、松本吉弘のハートを打ち砕く6000オール!! チーム10勝一番乗りで、個人首位を独走!!

勝又健志、

松本吉弘のハートを

打ち砕く6000オール!!

チーム10勝一番乗りで、

個人首位を独走!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕21日目、第2戦は勝又健志EX風林火山)が、トップを獲得。全15局中マンガン以上のアガリが9局という、高打点が舞った第2試合。オーラスの親ハネマンで松本を差し切った勝又が勝利。6戦ラスなし4トップという成績で、チーム10勝をあげた。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS松本吉弘TEAM雷電萩原聖人U-NEXT Pirates小林剛、そして勝又の4名。

大変な乱打戦となった第2試合。序盤は松本が大きなリードを築く。

東2局、南家・小林がペン【3マン】待ちのリーチをかけていたところに、親の松本がダマテンで追いついて小林から討ち取る。ピンフイーペーコー・ドラ2の12000点。

1本場でリーチ・ツモ・ドラ1の2000オールをアガった後、2本場では再び小林からリーチ・一発・ピンフ・赤1の12000点を召し捕る。小林は東2局にしてハコ下に転落。

しかし、その小林は3本場でリーチ・ピンフ・赤1を一発ツモ。マンガンで即座にハコ上に浮上し、迎えた親番でリーチ・ピンフ・ツモ・赤2・ウラ2の6000オールで一気に2番手に浮上。驚異の回復力をみせる。

勝又も黙ってはいない。東4局、自身の親番でダブ【東】ポンからの赤2のツモで4000オール。一気に松本に迫る。

同1本場、小林のピンフ・赤2のリーチ一発目、ピンフタンヤオ・赤1・高めサンショクのテンパイを入れていた勝又が、さらにイーペーコーがつく【3マン】をツモってくる。グレードアップした勝又、【6マン】を切って追いかけリーチを宣言するが、小林の待ちは【3マン】【6マン】。一発、ウラ2の12000点で小林が再び2番手に浮上。

松本は、南1局にホンイツイッツー【發】のマンガンを加点し、アタマ一つ抜けたトップ目に立つ。

しかしオーラスの勝又の親番、8巡目にリーチをかけた勝又が終盤にツモアガリ。リーチ・ピンフ・ツモ赤1・ドラ1。さらにウラが乗って6000オール。一気に松本を抜き去る。

1本場、松本は最後のツモに望みをかけてリーチをかけるが、ツモアガることなく流局。勝又が手を伏せて今季4勝目を手にした。

勝又はインタビューで、

「ツイてました(笑)。今日は今シーズン、一番恵まれました。3年間Mリーグで闘ってきていいときもあれば悪いときもあって、悪いときはこの先どこかで来るのでその時のために1ポイントでも多く貯金できたらな、と思ってます」

と語った。

【Result】
1着 勝又健志・風林火山 4万8800点/+68.8
2着 松本吉弘・ABEMAS 4万1400点/+21.4
3着 小林剛・パイレーツ 1万1200点/▲28.8
4着 萩原聖人・雷電 ▲1400点/▲61.4

【Total】
1位 EX風林火山 +398.8(22/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +155.4(20/90)
3位 U-NEXT Pirates +23.8(22/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲31.0(22/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ ▲43.2(20/90)
6位 セガサミーフェニックス ▲137.8(20/90)
7位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲175.1(22/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.9(20/90)

大和証券 Mリーグ 風林火山vsABEMASvs雷電vsPirates

詳細情報
EX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
11月8日の対戦はEX風林火山vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

EX風林火山
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!