ベテラン&超技巧派を粉砕!石橋伸洋の「黒い…」改め「白いデジタル」打法【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio




熱論!Mリーグ【Fri】
ベテラン&超技巧派を粉砕!
石橋伸洋の「黒い…」改め
「白いデジタル」打法

文・masasio【金曜担当ライター】2019年10月25日

Mリーグ2019が開幕して約1カ月が経った。

10月25日金曜日の第1試合を終えてのチームランキングがこちら。

新規加入のKADOKAWAサクラナイツが好調だ。

Mリーグ最年長、沢崎誠の活躍もあって首位を走っている。

沢崎は、本日の第1試合でもハコ割れ寸前からオーラスの親番で大連荘。そのままトップを逆転してしまった。

個人ランキングでも独走モードに入ろうかというところ。他のチームはそろそろこの辺りで叩いておきたいところだろう。

 

本日2回戦の組み合わせはこちら。

好調サクラナイツ沢崎が連闘。

対する3チームからは・・・

ドリブンズ 卓上の魔術師 園田賢

風林火山 軍師 勝又健志

パイレーツ 黒いデジタル 石橋伸洋

各チームきっての、いや、Mリーグきっての技巧派が名を連ねた。

個人首位を走る大ベテランの沢崎VS超技巧派の3人。

きっと予想もしない一打が飛び出すことだろう。余すところなくお伝えしたいと思う。

 1

まずは起家・園田、前巡にを切っているが、今引いてきたを切らずにを切った。

はターツになっても愚形にしかならないのでいらないけれど、ならリャンメンにもなるし、重なればタンヤオにもなるので歓迎しますよ、ということだ。

まるで知っていたかのように、を引き戻し、を引いてメンツを完成させてしまった。

凡人なら2巡目にをツモ切っているかもしれないところだが魔術師園田は当然逃さない。

345の三色と789の三色が見えるがが2枚切れているためを切っていった。

次の巡目。

をツモってイーシャンテン。

前の巡目に続いてマンズを払うかと思いきや園田はツモ切り。

急所のが2枚切れており、打点も無いため不採用とした。

お、だ。これなら??園田は手の内から切り。まだお気に召さないらしい。

狙い通りドラのを引いて、345の三色がはっきり見えてきた。

ここでもを切らずに切り。

石橋が2巡目に切り。

沢崎が3巡目に切り。

そして自分の目からが3枚ずつ見えており、は使いづらい牌。

を切った時からを重ねて使うつもりだったのだろう。

気になるは・・・

 

 

 

誰も持っていない。ヤマに3枚だ。恐るべき園田の読みと構想。このままアガるかと思われたが・・・

アガったのは石橋。

リーチ、ツモ、裏裏でマンガン。

裏ドラ表示牌は園田が狙いを定めただった。石橋は昨期21人の中で最も裏ドラが乗らなかった男だ。嬉しい裏ドラ2枚でまずは一歩リード。

 (なんでよりによってそこに9mおんねん・・・)

3

この記事のタイトルとURLをコピーする