ハロウィンの夜を熱狂させた 松ヶ瀬隆弥とっておきのギフト【Mリーグ2022-23観戦記10/31】担当記者:東川亮

ハロウィンの夜を熱狂させた
松ヶ瀬隆弥
とっておきのギフト

文・東川亮【月曜担当ライター】2022年10月31日

10月31日はハロウィン、らしい。世の中では仮装をしている若者で賑わっているようなところもあるそうだが、大和証券Mリーグはそんな夜も他の日と変わらぬ、熱い戦いが繰り広げられている。

2022年10月最後の試合。Mリーグスタジオでは、仮装ではないもののかなり派手な頭をした料理上手な男が、チーム、対局者、視聴者やファンに、とっておきのギフトを用意していた。

第2試合
東家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山) 
南家:鈴木優U-NEXT Pirates
西家:伊達朱里紗KONAMI麻雀格闘倶楽部
北家:茅森早香(セガサミーフェニックス)

天才の日は、天才のための日か

日本の記念日を管理する一般社団法人・日本記念日協会によると、10月31日は「天才の日」に認定されている。

この日出場している茅森の異名は「天才すぎるオンナ雀士」。Mリーグでは特筆すべき打点力を誇る彼女が、まずは試合をリードする。

全員が2万点台で迎えた東4局、親の茅森にダブ【東】トイツ、ドラドラ赤という破壊力のある手が入る。

伊達の2枚目【發】ポンで打ち出された【5ソウ】チー。急所を解消し、4巡目にしてテンパイ。1枚切られている【東】後付けだが、それだけにつかんだらアガリに向かうなら止めようがない。

そこに、松ヶ瀬がペン【7ソウ】待ちでリーチをぶつける。前巡に【4マン】【9マン】【9ソウ】のくっつきからドラ受けの【9マン】を切っているのだが、これは最終形がマンズ待ちとソーズ待ちの選択で、ドラ色ではないソーズ待ちの方がアガリやすいと踏んでの選択だったという。愚形待ちとはいえ巡目は早く、このリーチで茅森の勝負手を潰せれば大きい。

勝負手の茅森はもちろん戦うのだが、役がなくてアガれないドラ【8マン】を先に引いてしまった。ドラをツモ切ってのテンパイ維持では、残り1枚の【東】をツモったときしかアガれなくなってしまう。

というわけで【1マン】切り。こうしておくと、【4マン】を使って松ヶ瀬の現物東を落としていくタンヤオ移行、あるいは【東】引きやポン、【2マン】【3マン】を引いてアガれるテンパイが復活するルートが残せる。

【東】引きでテンパイ復活。しかもドラ3赤でハネ満と、打点もさらに強烈になった。

優の追っかけリーチを受けた直後、【2マン】【9ピン】の選択。見た目はどちらも生牌、しかし【4マン】3枚切れということで、むしろ固められている可能性を考慮して【9ピン】待ちにスイッチすると・・・

残り枚数は共に1枚だったが、【9ピン】が松ヶ瀬のツモにいた。18000の直撃は大きい。

茅森は次局、わずか4巡で4000は4100オールをツモアガリ。天才の日は、「天才」の日か。これで茅森のトップはほぼ確定したかに見えた。

天才がハマった落とし穴

厳しい放銃で大きなラス目となってしまった松ヶ瀬だったが、南1局3本場、自身の親番でチャンス手が入る。3巡目にして1シャンテン、イーペーコー赤が確定しており、うまく雀頭ができればタンヤオピンフも絡んで満貫、ハネ満クラスが容易に見える。

先に【9ピン】が埋まっての単騎テンパイから、1枚切れの【發】単騎待ちに変わったところでリーチ。結果的にリャンメンターツ落としの形となっており、相手からは好形テンパイに見えそうだ。

このリーチに対して茅森もある程度押していっていたが、さらに強烈な押しを見せたのが「戦闘民族」こと優。1シャンテンから手の内に4枚あった【2マン】を暗槓すると、

リンシャンでの【1ソウ】引きでテンパイ。イーペーコーで役あり、待ちとしては不十分ということもあってか、いったんはダマテンに構える。

次巡の【1ソウ】引きでツモり三暗刻に変化、【南】ツモならハネ満スタートという大物手に化けたこともあり、ここでリーチに踏み切った。

2人のリーチに対し、途中まで形を保っていた茅森が最後に手詰まってしまう。

2人の共通現物はなく、中スジ【5ソウ】や後スジ【8ピン】などにもリスクを感じたか。

ここでの【發】ツモ切りが、後の戦局を大きく変えた。

リーチイーペーコードラ赤、12000は12900。これで松ヶ瀬が、一気に息を吹き返した。

戦闘民族の回避ルートに仕掛けられた、繊細かつ巧妙な罠

南1局4本場
優が三色と一気通貫の両方が見える形から、抱えていると後のリスクになり得る【赤5ピン】を先に処理すると、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!