内川幸太郎、なるか四暗刻!? 個人4勝目、サクラナイツは一気に3位浮上!!

内川幸太郎、

なるか四暗刻!?

個人4勝目、サクラナイツは

一気に3位浮上!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕49日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東ラスの親番でトップ目に立った内川が、上位をキープして4勝目。サクラナイツを一気に3位へと牽引した。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典渋谷ABEMAS白鳥翔TEAM RAIDEN / 雷電・瀬戸熊直樹、そして内川の4名。

東3局1本場、西家の白鳥が11巡目にリーチをかける。ドラ1の【2マン】【5マン】待ち、【2マン】イーペーコー。次巡、南家の内川がテンパイ。【3ピン】【發】のシャンポン待ちのツモリ四暗刻。内川、ダマでプッシュするが、白鳥が高めをツモって決着。2000・4000で白鳥がトップ目に。

東4局、親の内川が【中】、ダブ【東】【9ピン】と仕掛けて【5マン】【8マン】待ち。道中で瀬戸熊がカン【5ソウ】チー、【白】ダイミンカンの仕掛けが入っており、2軒に挟まれた白鳥が【5マン】に手をかけて内川に放銃。赤1の12000点で内川がトップ目に。

同1本場、白鳥が4巡目リーチで反撃に出る。チートイツ・ドラ2・赤1の【南】単騎待ち。しかし終盤にツモ切った【5ピン】が内川への放銃となる。タンヤオイーペーコーの3900点。

その後も内川のトップ目で局が進み、南3局には5巡目にカン【4マン】待ちでリーチをかけてツモアガリ。赤1の1300・2600でダメ押しのアガリ。

オーラスは、瀬戸熊が3着へ浮上するアガリを決めて試合終了。内川が個人成績がプラスになる4勝目、サクラナイツは一気に3位に駆け上がった。

内川はインタビューで、

「Mリーグで役満を放銃したことは前に一度あるんですけど、まだ役満をアガってないのであの(東3局1本場)スーアンコはアガりたかったですね。今日は東海オンエアの虫眼鏡さんが応援に来てくださったので、必ずトップを取りたいと思っていたので、結果がついてきて嬉しいです」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 3万8500点/+58.5
2着 白鳥翔・ABEMAS 2万3900点/+3.9
3着 瀬戸熊直樹・雷電 2万500点/▲19.5
4着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 1万7100点/▲42.9

【Total】
1位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +340.7(49/90)
2位 EX風林火山 +198.5(48/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +67.0(49/90)
4位 U-NEXT Pirates +53.6(48/90)
5位 渋谷ABEMAS +37.7(49/90)
6位 セガサミーフェニックス +18.3(48/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲184.1(48/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲531.7(49/90)

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
12月27日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsTEAM RAIDEN / 雷電

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ サクラナイツvs麻雀格闘倶楽部vsABEMASvs雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!