白鳥翔、 ウラサン、ウラサンで2連勝!! 今年の白鳥は何かが違う!?




白鳥翔、
ウラサン、ウラサンで2連勝!!
今年の白鳥は何かが違う!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の10日目第2戦は白鳥翔(渋谷ABEMAS)が、トップを獲得。白鳥は3戦2勝と絶好調。チームもポイントをプラスにして上昇気流に乗ったかに見える勝ちっぷりだった。

2回戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(日本プロ麻雀連盟)、セガサミーフェニックス・和久津晶(日本プロ麻雀連盟)、U-NEXT Pirates・小林剛(麻将連合)、そして白鳥

開局の親番で白鳥が先制リーチ。赤含みののシャンポン待ち。これに和久津がで放銃し、ウラドラが! 白鳥が親マンガンで先行する。

白鳥は東3局1本場の、藤崎とのリーチ合戦もツモリ勝ち、1000・2000を加点する。

白鳥リードのまま南3局、その白鳥がまたも先制リーチ。そして小林の追いかけリーチ、藤崎のダマテンを尻目にでツモアガリ、そしてアンコのがウラドラもろ乗りで3000・6000! これがダメ押しとなり、白鳥が自身の2連勝を勝ち取った。

勝利者インタビューで白鳥は「昨年不甲斐なかったので、運良く2連勝できて嬉しいです。昨年は舞台に飲まれてしまった感が否めなかったので、練習や相手への対策をしっかりしてきたことが自身につながっていると思います。と語った。

【Result】

1着 渋谷ABEMAS・白鳥翔 5万1600点/+71.6
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智 2万3200点/+3.2
3着 U-NEXT Pirates・小林剛 1万5600点/▲24.4
4着 セガサミーフェニックス・和久津晶 9600点/▲50.4

【Total】

1位 EX風林火山 +152.3(10/90)
2位 KADOKAWAサクラナイツ +119.5(10/90)
3位 セガサミーフェニックス +87.0(10/90)
4位 渋谷ABEMAS +55.3(10/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲46.2 (10/90)
6位 TEAM雷電 ▲73.3(10/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲104.4(10/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.2(10/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月15日の対戦は
U-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券MリーグPiratesvsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする