高宮まり、 攻めに攻めて、個人2勝目!!




高宮まり
攻めに攻めて、個人2勝目!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の10日目第1戦は高宮まり(KONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。高宮は2勝目、チーム順位は5位と徐々にスコアを伸ばしてきた。

1回戦の対局者は、U-NEXT Pirates・石橋伸洋(最高位戦日本プロ麻雀協会)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、渋谷ABEMAS・松本吉弘(日本プロ麻雀協会)、そして高宮

開局は茅森がを仕掛けて赤2の3900点を高宮から討ち取り。

その高宮が東3局にツモアガリ。リーチ・ツモ・ドラ1・赤1・ウラ1の2000・4000で回復を図る。

南3局1本場には、石橋がリーチ・一発・ツモ・ドラ1のマンガンで高宮に迫る。

オーラスは高宮が攻めきって、タンヤオ・赤1の単騎をツモアガリ。1000・2000で自ら2勝目をもぎ取った。

勝利者インタビューで高宮は「今日はダマテンが多かったですね。前回がラスで弱気になりそうでしたが、逃げないで良かったですと語った。

【Result】

1着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・高宮まり 3万8400点/+58.4
2着 U-NEXT Pirates・石橋伸洋 2万7900点/+7.9
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香 1万8800点/▲21.2
4着 渋谷ABEMAS・松本吉弘 1万4900点/▲45.1

【Total】

1位 EX風林火山 +152.3(10/90)
2位 セガサミーフェニックス +137.4(9/90)
3位 KADOKAWAサクラナイツ +119.5(10/90)
4位 渋谷ABEMAS ▲16.3(9/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲49.4(9/90)
6位 TEAM雷電 ▲73.3(10/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲80.0(9/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲190.2(10/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月15日の対戦は
U-NEXT Pirates vsセガサミーフェニックスvs KONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMAS

キャスト

U-NEXT Pirates
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
実況:松嶋桃
解説:鈴木たろう
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券MリーグPiratesvsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsABEMAS

この記事のタイトルとURLをコピーする