小林剛、珍しい(?)門前サンショクの6000オールで3勝目!! パイレーツは同点3位に!!

小林剛、珍しい(?)

門前サンショクの

6000オールで3勝目!!

パイレーツは同点3位に!!

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」の開幕56日目、第2戦は小林剛U-NEXT Pirates)が、トップを獲得。魚谷と小林の競りとなった第2試合、決め手が出たのが南3局。小林が親番で6000オールをツモって逃げ切り。以下、魚谷・日向・萩原という着順となった。

第2戦の対局者は、渋谷ABEMAS日向藍子セガサミーフェニックス魚谷侑未TEAM RAIDEN / 雷電・萩原聖人、そして小林の4名。

魚谷のリードで迎えた東4局1本場、北家・小林がピンフ・ツモ・タンヤオイーペーコー・赤1の2000・4000でトップ目に立つ。

南1局、萩原がリーチをかけるが魚谷のダマテンに放銃となる。ピンフタンヤオイーペーコー・ドラ2の8000点。ふたたび魚谷がトップ目に。

南2局1本場は、日向がリーチ・イッツーのカン【5ピン】待ちを一発ツモ。2000・4000で混戦模様に。

決定打が出たのは南3局。親の小林がピンフ・たかめ678サンショク・ドラ1の【5ピン】【8ピン】待ちを9巡目にリーチして、16巡目に高め【8ピン】をツモアガリ。ウラ1の6000オールで一気に突き抜ける。

同1本場には日向とのリーチ合戦に競り勝ち、リーチ・ドラ1・赤1の7700点を討ち取って持ち点が5万5500点に。

南3局・オーラスは、魚谷が400・700を2度ツモって2着キープでゴールイン。小林が個人3勝目を決め、パイレーツは風林火山と同点の3位に浮上した。

小林はインタビューで、

「簡単な配牌がきてよかったなって感じですね(笑)。道中で5万5500点になったことは気づきました(笑)。(トータル)3位と言っても、そんなに順位にこだわる段階ではないですが、ちょっとは危険な感じは無くなってきましたが、油断しないでいきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 5万4200点/+74.2
2着 魚谷侑未・フェニックス 3万2100点/+12.1
3着 日向藍子・ABEMAS 1万1200点/▲28.8
4着 萩原聖人・雷電 2500点/▲57.5

【Total】
1位 セガサミーフェニックス +250.0(56/90)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +170.0(56/90)
3位 EX風林火山 +124.5(56/90)
3位 U-NEXT Pirates +124.5(56/90)
5位 KADOKAWAサクラナイツ +112.8(56/90)
6位 渋谷ABEMAS +45.6(56/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲137.8(56/90)
8位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲709.6(56/90)

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvs雷電vsPirates

詳細情報
渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「大和証券 Mリーグ2021」
1月11日の対戦は渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックスvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

キャスト

渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
TEAM RAIDEN / 雷電
U-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:渋川難波
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • Mリーグほぼ毎日4コマ2巻発売中!