地獄から天国 渋川難波、勝利をつかんだ決意の愚形リーチ【Mリーグ2022-23観戦記11/7】担当記者:東川亮

地獄から天国
渋川難波、勝利をつかんだ
決意の愚形リーチ

文・東川亮【代打ライター】2022年11月7日

大和証券Mリーグ2022-23、11月7日の第1試合。

渋川難波は、敗れた。

ボロクソに。
メタメタに。
コテンパンに。
フルボッコに。
完膚なきまでに。
Mリーグの歴史で一番、負けた。

にも関わらず、彼は試合後のインタビューで、笑顔だった。彼は敗北という結果よりも、自分の中で良い麻雀を打てているという感触を見つめていた。これでデビューから7戦トップなし、しかも麻雀人生初とも言える大敗を喫し、悔しくないはずがない。しかし決して落ち込むことなく、ポジティブにインタビューへと臨む姿は、Mリーガーとして本当に立派な姿だったと思う。

サクラナイツの控え室に戻った渋川に対し、森井巧監督は開口一番、「一つだけ聞きましょう」と切り出した。

「この後、連闘していいと言ったら、したいですか?」

本来、この日の2戦目は岡田紗佳が出る予定だったという。だが、チームは急きょオーダーを変更、渋川を送り出すことを決断した。ただ、もちろん最終判断は本人に委ねられる。

「行きたいですか!? 行きたくないですか!?」

岡田の、檄のような問いかけが飛ぶ。

「行きたいですよ、もう1回!」

およそ3時間半の歴代最長ゲーム、歴史的敗戦の直後でも、渋川の心は折れていなかった。

第2試合
東家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ) 
南家:瀬戸熊直樹TEAM雷電
西家:仲林圭U-NEXT Pirates
北家:渋川難波(KADOKAWAサクラナイツ)

渋川よ、今回もダメなのか

東2局
渋川は好配牌に恵まれた。ドラの【白】がトイツ、赤も使える、高打点が約束されたかのような牌姿。しばらくは自分の手だけを考えて進めて行きたい・・・と思いたいところだが、親の瀬戸熊がいきなり【中】を鳴いているのが不穏ではある。

それでも、急所の【5マン】がいきなり埋まったならばまごうことなき勝負手。ドラポンはもちろん、456三色になれば倍満クラスも狙える。

ポンしてテンパイでもそれはそれでOK。初戦で辛酸をなめ尽くした渋川が、ついにここから反撃かと思われたが、

役なし【2マン】【5マン】待ちをダマテンにしていた仲林にあっさりとツモられ、渋川の勝負手は幻と消えた。

渋川曰く、「このときの気分は最悪だった」。やはり、今日の渋川はダメなのだろうか。

それでも渋川は、自ら勝利をつかみ取りに行く

続く東3局は、丸山の配牌に赤が3枚とも入った。

順調に手が進み、【2ピン】をポンしてタンヤオ赤3、満貫のテンパイ。

この時点で、渋川の手はドラ【2マン】【發】がトイツではあるものの、まだメンツはない。もう、全然追いついていない。

だが、ここからの引きがすごかった。まずはドラの【2マン】を暗刻に。

仲林が切った【8ピン】を仕掛けて【發】後付けに向かうルートもあったがスルー、すると自力で引き入れて1シャンテン。

次巡にテンパイ、迷わずに即リーチをかけた。待ちはカン【7マン】

渋川は初戦で、対局者のなかで2番目に多い、6度のリーチをかけていた(それでも12回リーチをかけた黒沢咲の半分だが)。つまり、門前でテンパイまではいけていた。だが、アガれなければ意味がないし、リーチ後にロン牌をつかむことも多々あった。先に【1ピン】を切っている丸山の【2ピン】ポンに打点や速度を感じていたそうで、ともすれば頭でリーチすべきと分かっていても、躊躇が生まれていたかもしれない。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!