私のサイン色紙が3名様に当たります【文・しぬこ】

【文・しぬこ

こんにちは、私の推し雀士矢島さんが、なんと雀王となりました。

顔で選んだ男が、こんなに麻雀強いと、男見る目あるんじゃないか?と思いますね。

ちなみに過去の男性遍歴は主にバンドマン、よくしたデートはライブ前に少しだけお金を渡すためにカフェで待ち合わせです。

先月のコラムで自分のサインをどうにかこうにかどこかのお店に飾りたいと駄々をこねましたが、無事オクタゴンに設置することができました。

さらに、なんと、今回の近代麻雀にて、抽選で3名様に私のサインが当たります。そうです、一般企業に勤めている、一般人のサインが抽選で3名様に当たります。ネットオークションで売っても売れやしませんが、どうか気が向いたらご応募ください。

9月の頭、私達4人は雀荘の席に座っていました。

「紹介します、この方は逢川さん、この方は仲林さん、そしてこの人は去年まで私が好きだった男です。」

この会話を遡ると、逢川さんが勝負下着を身につけ、私を襲ってくるも、無事失敗した数日後、彼女から一通のLINEが送られてきました。

「次もまた一緒に麻雀のお勉強しましょう♡」

つくづく思うんですが、こいつは麻雀よりもメンタルが強い。

流石に2人で会うのはなぁ…誰かを巻き込もう。

【続きは近代麻雀12月1日発売号にて。しぬこ先生のサイン色紙を3名様にプレゼント。巻末のアンケートページからご応募ください】

文・しぬこ

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!