プロ雀士と下着屋さんに行きました【文・しぬこ】

こんにちは、麻雀最強戦に福本先生が出場されると知り、近代麻雀で連載を持っていることをいい事に先日スタジオまで遊びに行き、福本先生と2ショットまで撮ってもらったしぬこです。堂々と言いましょう、これが大人のやり方です。

福本先生イケメンだったし、福本先生に会いに来たってバレたら帰り際に手まで振ってくれたのんで、なんですかね、あれは、圧倒的…圧倒的ファンサ…。ファンサ、感謝、見てるのはFANZA俺は麻雀初心者…。

余韻を語ると今月のコラムが、麻雀最強戦の感想コラムになってしまうので、これはもしコラムが全6回予定なのですが、あと1回くらい増やしていいよって言われたら書きます(媚び)

矢島さんとの初めての接触を終え、その日から頻繁に「また麻雀しませんか?」やら「先日は楽しかったです、麻雀で分からない事は無いですか?」「今度暇な日あったら遊びませんか?」と、LINEが来るようになりました。

 

そう、このコラムを一緒に連載している貧乳(逢川さん)から。

 

LINEも交換したし、1回くらい一緒に遊ぶか、と、次回の矢島戦に備え、一緒に下着屋さんに遊びに行きました。新しい下着を物色していると、逢川さんが「しぬこさん、この下着どうですか!?」と、黒いヒモの下着を見せてきたので、え~!?これ私着るの~!?ちょっとえっちすぎん~!?!?とニヤニヤしながら、「かわいいね」って褒めたら、特に購入も試着も促してこなかったので、あれ?と肩透かしを食らっていたのですが、後日、逢川さんを家に泊めた際に「この間見せた下着、着てきたんです///」と、アピールされたので、(あ~こっちか~~~)って、思わずノールックで涼しい部屋の温度をさらに5度下げて、服を着こむように仕向け、大人しく寝させました。未遂です。

【続きは近代麻雀10月30日発売号で】

文・しぬこ

過去のしぬこさんの記事はこちら

しぬこ、新しい下着でイケメンと麻雀

2020.09.30

 

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!