黒岩悠騎手、セガサミーフェニックスのジャージ姿で重賞初制覇に意欲を燃やす

JRAジョッキーの黒岩悠騎手が、今週末に行われるG3・阪神ジャンプステークスステークスを控え、セガサミーフェニックス魚谷侑未のジャージを着用して調教・取材に臨んだ。その様子を魚谷もツイートし、黒岩騎手にエールを送った。

黒岩騎手はジョッキーとしては目立った活躍こそないものの、G1を7勝した名馬・キタサンブラックの調教を担当し続け、同馬の活躍を陰で支えてきた。また、趣味は麻雀であり、漫画家の片山まさゆき先生が主催する「GPCリーグ」で活躍するなど、麻雀界との関わりも深い。

そんな黒岩騎手は、上位人気が予想されるサトノファイター号に騎乗して重賞初制覇を狙う。同馬の馬主であるサトミホースカンパニーは、セガサミーフェニックスのオーナー企業、セガサミーの会長である里見治氏の法人だ。

レースは9月18日(土曜)13時50分発走予定の中京8R。競馬ファンはもちろん、麻雀ファンも注目のレースになりそうだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!