オンライン麻雀「Maru-Jan」が人間麻雀の実施を発表、協力者を募集中

オンライン麻雀のMaru-Janが3月に行う20周年記念イベントの一環として「人間麻雀」を行うことを発表、現在は麻雀牌になれる人を募集している。

「人間麻雀」は、集められた136名一人ひとりが麻雀牌になり、それを用いてプロ雀士が対局するというリアルイベント。実際に対局するのは、Mリーグ・U-NEXT Pirates瑞原明奈渋谷ABEMAS日向藍子、Mリーグ解説などでおなじみの最高位戦日本プロ麻雀協会・石橋伸洋、Maru-Jan開発責任者の栢 孝文さんの4名で、実況を小林未沙、解説を土田浩翔と、非常に豪華なラインナップで行われる。

会場は有明コロシアムで、観覧者も募集中。麻雀牌として参加した人には1万円、アガったときの手牌になっていた人にはさらに1万円が進呈されるということだ。多くの方が参加し、盛り上がることを期待したい。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/