麻雀最強戦2015ファイナルA卓 レポート

2015年12月12日に開催された対局を各卓ごとにレポートします。今回はA卓です。

いよいよ始まった最強戦ファイナル。オープニングマッチとなるA卓は、猿川真寿・石井あや・前田直哉・押川雲太朗の並びで始まった。
4960d94d442ddc3aa457abaf5a6bdc7b14f1fd80まず、東1局。南家の石井にチャンス手がきた。
af0abcd474bcf7323bbde49a1415407e56dc32e31e33f63cd9b2f058a04f4f17b961894d987024e54巡目にしてドラのpai_s_4m.jpgが暗刻になる。こうなれば食い仕掛けてでもテンパイに近づけたいところだが、石井は直後に猿川から出たpai_s_5s.jpgをスルー。メンゼンで進めリーチをかけることを選択した。8巡目には次の形からのターツ選択となる。
pai_s_2m.jpgpai_s_2m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_4m.jpgpai_s_8m.jpgpai_s_9m.jpgpai_s_1p.jpgpai_s_2p.jpgpai_s_3p.jpgpai_s_8p.jpgpai_s_9p.jpgpai_s_4s.jpgpai_s_6s.jpg ドラpai_s_4m.jpg
形だけでいえばマンズかピンズのペンチャンを払うのがセオリーだが、捨て牌からはピンズの上が安そうに見えること、pai_s_5s.jpgが場に2枚出ていることから打pai_s_6s.jpgとした石井。次巡、pai_s_3s.jpgを引いて今度はマンズのペンチャンを払いにいった。この時点でpai_s_7p.jpgは山に3枚生きており、ソーズが先に埋まればアガリは十分見込めそうだ。
(このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)
  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です