南場の大どんでん返し!高宮まりの豪腕劇場と多井隆晴の大冒険【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

フェニックスは全体首位のため、2着でも御の字。

しかし、2着でゴールテープを切ろうとした茅森の手にやってきたのは、最後のだった。

裏が2枚乗って、衝撃的な18000点の放銃。

ヤバい…これは「オコ」の顔になるやつだ…

と思ったのだが、茅森は平然と、冷静に振る舞っている。

まだ3着。まだ逃げ切れば傷は浅くて済む。

その事実を復唱し、心を落ち着かせる。

「まだ足りないもっと、もっとだ!」

多井は引き続き戦闘態勢。朝まで親番を続ける気だ。

南4局3本場

先手を取ったのは茅森。

役無しだが、リーチは出来ない。

リーチすれば、4着に落ちてしまうからだ。

その隙を突いて、イーシャンテンの多井から放たれる

微動だにしないが、胸中は穏やかじゃないだろう。

前局の三色が18000でなく12000だったら、茅森はリーチしていたはずだ。

多井が展開に救われた形となった。

そして追いついた多井が、待望のリーチ!

薄いを引き入れて、待ちは山に残り1枚の

しかし、もう残り枚数など関係なかった。

日本中のABEMASファンが待ち望んだツモ。

「裏ドラ無いんかい

裏ドラは乗らなかったものの、4000オールで3着に浮上した。

あまりの出来事に、麻雀牌までもが多井に従っていた。

南4局4本場

多井はドラのが対子で、タンピンがすぐそこに見える。

難なく6巡目にリーチ。

なんということだろうか。

18000,4000オール、6000オールで一気に2着まで浮上。

箱下12000点から、怒涛の連荘で5万点近く稼いだ。

ビッグマウスだが、決めるときはキッチリ決める主人公属性。

これがABEMASの大黒柱・多井隆晴だ。

これでポイントを上積みするという、最低限の仕事は果たせた。

あとはトップを目指すだけだ。

「うっさすがにヤバい

このまま多井の無双状態が続くと思われたが、さすがに下の2人を離しすぎた。

茅森が仕掛けて、2000点のテンパイを組むと…

すぐさま高宮がを差し込んで終了。

多井隆晴の大冒険は、惜しくも2着で幕を閉じた。

東場と南場で、上位と下位が完全に入れ替わるビッグゲーム。

多井だからこそ、上手くまとめられたと言えるだろう。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!