南場の大どんでん返し!高宮まりの豪腕劇場と多井隆晴の大冒険【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

しかし、革命は突然に訪れる。

南1局1本場。ここまでアガリの無かった高宮がを暗槓。

嶺上からを引き入れ、そのままドラを切ってリーチ!

これに飛び込んだのが、またしても多井。

自身が満貫をテンパイしているだけに、このは止めようが無かった。

勢いに乗る南2局は、配牌からゴージャスモード。

そして7巡目、ついにテンパイ!

四暗刻への変化もあるため、ダマにする人も多いだろう。

「この手牌、ダマでいいのかしら

ダマだとを打たれたときにアガれない。

でロンすると、たったの8000点。

リーチするかしないか、高宮の格闘魂が出した答えは…

リーチだ!

大きく振りかぶって、牌を横に曲げる。

この選択が革命を巻き起こす。

一発ツモからの、望外の裏3!

Mリーグ史上2度目の3倍満を成就させた。

「僕だけが唯一の3倍満プレイヤーだったのに

昨シーズン、Mリーグ初の3倍満をアガった勝又が親被り。

これは偶然か。はたまた因果なのか。

南3局の親番も止まらない。

必死に仕掛ける茅森と勝又を横目に、4000オールで突き放す。

茅森も、ここまでの大差になるとは思わなかっただろう。

狐につままれた猫のような顔をしている。

盛り上がる3者の横で、1人蚊帳の外に置かれた多井。

こんなはずじゃない。

チームメイトには勝ってくると宣言したのだ。

それが箱下のラスでは、多井隆晴のプライドが許さないではないか。

とにかく今は、やれることをやるしかない。

ドラのも切り出し、目いっぱいに受ける。

次巡、なんとかテンパイにこぎつける。

しかし、が直前に切られてしまい、ピンズの変化もあるため、一旦ダマテン

こんな待ちでのリーチは、多井の辞書にはない。

そしてツモってきたのは

をひょっこりツモって、1000オールはちょっとな

少考の末、多井はなんとを切ってテンパイを崩した。

これが大正解。次のツモはだったのだ。

カン待ちの三色でリーチをかける。

他家も黙ってはいられない。

2着浮上の条件ができた茅森が、仕掛けてテンパイを入れる。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!