南場の大どんでん返し!高宮まりの豪腕劇場と多井隆晴の大冒険【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

南場の大どんでん返し!

高宮まりの豪腕劇場と

多井隆晴の大冒険

文・真中彰司【木曜担当ライター】2020年1月16日

1月16日、木曜日の都内某所。

多井隆晴は苦しんでいた。

「おかしい。こんなはずじゃなかったんだけどなあ

最速最強のカリスマ、多井隆晴に何が起こったのか。

時は1戦目のオーラスまで遡る。

満貫が必要だが、3900点を放銃したら4着落ち。

多井にとってはなかなか難しい状況だ。

「さすがに魚谷、テンパイしてるよな?」

そう読んだ多井は、ドラのではなく、隣のを切った。

首位のフェニックスがトップなのは悔しい。

でも下手に放銃して風林火山を2着に上げたくない。

「ツモ!1300-2600」

魚谷侑未が静かに置いたのは、最後の

多井が放銃していたら、本当に4着落ちだった。

「うんうん、切った僕、グッジョブ!」

1戦目の試合時間はわずか49分。

それならと、多井は連闘で登場。

全てはABEMASを優勝に導くため。多井隆晴の大冒険が始まった。

 
2戦目

東家 茅森早香セガサミーフェニックス

南家 勝又健志EX風林火山

西家 高宮まり麻雀格闘倶楽部

北家 多井隆晴渋谷ABEMAS

東2局、ドラのカンでリーチをかける。

待ちは苦しいが、ツモれば満貫だ。

しかし、そこに追いかけてきたのは勝又。しかもこちらは両面待ち。

なら、三色がついて18000になる。

 

多井がすぐにを掴んでしまい、勝又に12000の放銃。

「んー、なら18000勝又さん早そうだったし、リーチは早計だったかなあ」

東3局には、で起死回生の満貫テンパイ。

しかしこれも、ツモ切りリーチしたを茅森に鳴かれ…

あっという間に流されてしまった。

このまま上位2人と下位2人で競り合って終わり…というのが普通の展開だろう。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!