「あいつ全然わかってないなー」猿川真寿のプロ雀士の夫婦事情 第15回「あいつ全然わかってないなー」

第15回 あいつ全然わかってないなー

5月14日、8都道府県以外の緊急事態宣言が解除された。
東京はまだだが、今月中には遅くても一旦解除になりそうだ。
ということは、Mリーグのファイナルステージも来月には始まりそうである。
私のコラムもお払い箱になるときが、近づいてきた。
もう、本当にネタもないし、ちょうどいいタイミングかなと思う。
先輩コララーの百恵ちゃん、仲林さんは、あと5年ぐらい頑張れるだろう。
先日、反論コラムの「どうしても許せないことがある」がアップされた。

非常に面白いコラムだった。
今読み返しても、うふふとなる。
まず、コロコロについては申し訳ないことをした。

このコラムの依頼がきて大体こんなことを書こうと思ったときには、すでにあのコロコロの出番は頭に浮かんでいた。
にも関わらずあの回は反響が薄かった。確かに攻めすぎた感はある。こちらも肉を切らせて骨を絶つ戦法だったのだが。
あの金本さんがちょっとこの部分やめましょうというのを、押しきって奈良本人まで了承を得ての作品だったのに。

難しいものだ、笑いをとるのは。
協力してくれた、コロコロにも謝ろう。書き手の力不足でしたと。
これで、コロコロ問題は解決した。
この、コロコロは結婚してすぐぐらいに買ったものだが、仕事中に石田からLINEがきた。
「コロコロ買っていい?」私は「いいよ」と答えた。
むしろ、コロコロを買うのをなぜ聞くのかと思った。

普通コロコロと言えばこれでしょ。麻雀荘勤務したことあれば、卓掃に使うので、どの店でも「コロコロここに置いておくよ」という会話が飛び交っていると思う。

コロコロと言えば、漫画のもあるが、漫画読まないことは知っていたのでこの線は薄いと思った。

今日、反論の反論をしたいのはこの部分。

回を追うごとに私を少しずつ褒めて機嫌を伺っているのがバレバレだ。

とあるが、私のコラムを熱心に読んでいる0.1割の人は気づくと思うが、冒頭にいつぐらいに書いたと分かる話題をほとんど載せている。また、〆切に追われるのが嫌でストックは2~3は貯めておくようにしている。
なので、別に石田が何も言わないから褒めたわけではない。

むしろ、そんなことで褒めたりしない。思ってることを書いてるだけで、忖度もしないし、媚びたりしない。

石田がどう思ってるかどうかは知らないが、私たち夫婦は麻雀界で1番仲がいい夫婦だと自負している。最近、結婚して昨日子供を産んだ2世夫婦とかは、さすがに今は私たちより仲がいいとは思う。1番楽しい時期なので。
ちなみに石田にこう言うと「ふざけるな」といつも返ってくる。
本心なのかも知れないし、自分が気を使ってると思っているかも知れないが。私は仲がいいと思っているのでそれでいいのではないだろうか。
このコラム依頼がきたとき、本当は仲がいいんですよって、世間(黒木さん)に伝えたい気持ちもあった。 怒られてばかりだけど、それと仲が悪いとは違うんですよと。
でも、そんな話は面白くない。
なので、最初の4話ぐらいまでは、「あいつバカだな」「いかれてるな」という話題を振ったまでだ。
読んでる読者は、そう思っただろう。道化を演じていたが、道化だったのはキミタチのほうだぞ。本当は。
まあ、そんな話はどうでもいい。
ということで仲はいいが、ここ数日かなりピリピリした状況に陥っていた。
別に何があったということはないが、私も多少イライラしていた。
仲がいいからといって、ストレスがたまらないものでもない。
さすがに1ヶ月以上も家族3人で24時間一緒にいたら、不満も溜まってくるものである。
しかし、私たちはお互いにくだらない話題でも話しかける。
大抵、石田からだが。
でもこれがすごい大事なことだと思う。夫婦生活において。会話がなくなったら終わりだ。

結婚してない人も考えてほしい。
1番仲のいい人と1ヶ月24時間いれるかどうかを。
ということで、今回言いたかったことは、怒ってそうだから褒めたわけではない。
まあ別に怒っててもいいや。能面じゃないんだから。
では またね。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!