厳しい声も受け止めながら、成長のためにチャレンジする EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【長澤茉里奈インタビュー】

厳しい声も受け止めながら、

成長のためにチャレンジする 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【長澤茉里奈インタビュー】

長澤茉里奈(日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/nagasawa_marina 

Instagram:https://www.instagram.com/marinanagasawa1008/

 

-今回のオーディションを受けるにあたっては、どのような思いがあったのでしょうか。

私の実力じゃあ、「なんでまりちゅうなんかが受けるの?」と思われている方が大多数だと思います。でも、これは麻雀プロとして一つの大きなチャンス、自分の成長につながるオーディションだと思っています。ド新人ですし、決勝に残れるとは全く思っていないですけど、チャレンジすることはすごく大切だと思って、チャレンジしました。

-今回は放送対局があり、ご自身の麻雀が多くの方に見られることになります。

その覚悟は決めています。放送対局はプロになる前も含めてほとんど経験がないですし、いろいろな意見があると思います。たぶん、「下手くそ」ってこれから何年も言われていくとは思うんですけど、その声は真摯に受け止めて、それを糧に頑張りたいと思っています。

-また、今回のオーディションでは強い方、有名な方とたくさん打つことになると思います。

このような機会でしか、強い人と打つことはないと思うので、吸収できるものはいくらでも吸収しようと思っています。

-今回の大会に向けて、練習などはどのようにしてきましたか。

これまでは赤ありルールをあまり打ってこなかったので、週に2、3回は赤ありの勉強会をやって、対策は練ってきました。私はもともと200ポイントのアドバンテージがあるんですけど、200あるからって油断せずに、全部トップを獲る気持ちで頑張ろうとは思っていました。

-200ポイントのアドバンテージについても注目されていると思います。

正直、Mリーグルールって1日で100とか200変わっちゃうルールなので、200あるから有利とは思わないです。むしろ、トッププロの方は私から200勝つのは楽勝だと思いますから。

-対局を視聴されるファンの方に向けて、意気込みをお願いします。

一生懸命、最後まで頑張ります。いつも応援してくださる方だけでなく、今回で私の麻雀を初めて見る方も多いと思うんですけど、これから成長しかしていかないので、応援をよろしくお願いします。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!