近藤誠一、大三元!! 今期初役満を引っさげて、 早くも独走態勢か!?

近藤誠一、大三元!!
今期初役満を引っさげて、
早くも独走態勢か!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2019」の8日目第1戦は近藤誠一(セガサミーフェニックス)が、トップを獲得。今期の初役満・大三元をものにして、堂々2勝目を上げ、チームも7戦4勝と早くも首位独走態勢を築き始めた。

1回戦の対局者は、TEAM雷電・瀬戸熊直樹(日本プロ麻雀連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎(日本プロ麻雀連盟)、そして近藤

開局、初参戦の藤崎がを仕掛けて2000点のテンパイを入れる。そこへ瀬戸熊が参戦し、リーチ・ツモ・赤1の1000・2000のアガリ。藤崎の出鼻をくじく。

そして東4局、藤崎がを仕掛けて5巡目に4面待ちのテンパイ。しかし、近藤がと仕掛けてのシャンポン待ちで追いつく。高めならなんと大三元。13巡目、気合とともに近藤がツモった牌は! 今期初の役満を近藤が成し遂げた。

近藤は南2局にも、リーチ・一発・ツモ・ピンフ・赤1のマンガンをアガッてダメ押し。半荘の勝利を確定させた。

勝利者インタビューで近藤は「最高です、最高です。それ以外言葉が見つかりません。(役満をアガった瞬間は)夢見心地でしたね。ボロボロの配牌から、あれよあれよと凄いツモでしたねと語った。

▲今期初の役満は近藤が成し遂げた

【Result】

1着 セガサミーフェニックス・近藤誠一 5万6200点/+76.2
2着 TEAM雷電・瀬戸熊直樹 2万7400点/+7.4
3着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・藤崎智 1万1300点/▲28.7
4着 KADOKAWAサクラナイツ・内川幸太郎 5100点/▲54.9

【Total】

1位 セガサミーフェニックス +176.1(7/90)
2位 EX風林火山 +89.0(8/90)
3位 渋谷ABEMAS +28.8(8/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲8.9(7/90)
5位 TEAM雷電 ▲13.7(7/90)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲57.6 (7/90)
7位 U-NEXT Pirates ▲87.9(8/90)
8位 赤坂ドリブンズ ▲125.8(8/90)

「大和証券 Mリーグ2019」

10月11日の対戦は
TEAM RAIDEN / 雷電vsセガサミーフェニックスvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsKADOKAWAサクラナイツ

キャスト

TEAM RAIDEN / 雷電
セガサミーフェニックス
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
KADOKAWAサクラナイツ
実況:松嶋桃
解説:勝又健志
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

大和証券Mリーグ2019 雷電vsフェニックスvs麻雀格闘倶楽部vsサクラナイツ

この記事のタイトルとURLをコピーする