高宮まり、麻雀格闘倶楽部にファイナル初勝利を持って凱旋!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

高宮まり、麻雀格闘倶楽部に

ファイナル初勝利を

持って凱旋!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の3日目、第2戦は高宮まりKONAMI麻雀格闘倶楽部)が、トップを獲得。東1局に親マンガンを決めた高宮が、そのまま逃げ切り勝利。麻雀格闘倶楽部に待望のファイナル初勝利をもたらした。

第2戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ堀慎吾渋谷ABEMAS白鳥翔セガサミーフェニックス東城りお、そして高宮の4名。

東1局、親の高宮が【中】を鳴いて500オールで連荘。その1本場、6巡目に南家・東城が【1ソウ】【4ソウ】待ちの先制リーチをかける。次巡、高宮がドラ1・赤2のピンフ【1マン】【4マン】待ちで追いかけ、東城から【1マン】を討ち取り。12000点を徴収し、高宮がリードを奪う。

高宮はその後も順調に、東2局・5200点、東4局・1000・2000と点棒を積み上げる。

南2局1本場、高宮が自風の【北】を鳴いて、ホンイツ・イッツ―のドラの【發】単騎待ちでテンパイ。そこに親の東城が赤1のカン【2マン】待ちでリーチ。さらに、ドラを雀頭にした白鳥が赤1のカン【8ピン】待ちで追いかける。東城がこの【8ピン】を一発でつかみ、ウラドラが【8ピン】。12000点のアガリで白鳥が2着目に浮上。

しかしその白鳥も次局、堀のリーチに放銃して8000点を失う。

2着以下が混戦になるという、高宮にとって望ましい展開となる。

オーラス1本場、高宮がタンヤオ仕掛けの2フーロでテンパイし、逃げ切りを図る。白鳥から【6ピン】【9ピン】待ちのリーチ、東城からも【5マン】【8マン】待ちのリーチが入る。高宮がこの三つ巴に決着をつけるツモアガリを決め、1000・2000を加点してトップ逃げ切り。

麻雀格闘倶楽部に、待望のファイナル初勝利を持ち帰った。

高宮はインタビューで、

「ここまで苦しかったんですけど、ようやくワントップを取れてまだまだなんですけど、(浮上の)きっかけになったらいいと思ってます。優勝を目指すためにはトップ取りに比重が置かれると思いますが、あきらめずにみんなで戦っていきたいと思います」

と語った。

【Result】
1着 高宮まり麻雀格闘倶楽部 4万7100点/+67.1
2着 堀慎吾サクラナイツ 2万5900点/+5.9
3着 白鳥翔・ABEMAS 1万8200点/▲21.8
4着 東城りお・フェニックス 8800点/▲51.2

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +190.9(6/12)
2位 セガサミーフェニックス +133.4(6/12)
3位 渋谷ABEMAS +45.2(6/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲30.6(6/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ3日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月21日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ3日目

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊!/