内川幸太郎、緩急自在の試合運びでファイナル初出場初トップ!! サクラナイツ、暫定首位!!【Mリーグ2021-22 ファイナル】

内川幸太郎

緩急自在の試合運びで

ファイナル初出場初トップ!

サクラナイツ、暫定首位!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」の3日目、第1戦は内川幸太郎KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東2局にハネマンツモを決めた内川が、そのまま逃げ切ってファイナル初登場初トップをもぎ取り、サクラナイツは暫定首位となった。

第1戦の対局者は、KONAMI麻雀格闘倶楽部伊達朱里紗渋谷ABEMAS松本吉弘セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして内川の4名。

東2局1本場、北家・内川はドラ2・赤1のカン【7ピン】待ちを8巡目にテンパイ即リーチ。一発でツモりあげて3000・6000。

内川がトップのまま折り返して、南1局。魚谷が先制リーチをかけると、次巡に内川がおいかける。赤1の【5ピン】【8ピン】待ち。2巡後に魚谷が【8ピン】を掴んで4800点の放銃。内川がリードをひろげる。

同1本場、内川と伊達のリーチ合戦となったが、アガリは南家の松本。タンヤオサンショク・ドラ3・赤1の12000を伊達から仕留めて、内川に迫る。

オーラス1本場、マンガンツモ圏内の松本がドラの【7マン】単騎のリーチをかける。ツモれば逆転トップだが、後のないラス親の伊達が一発で【7マン】をツモ切りで放銃。8000点の出アガリで、松本が2着を決めて試合終了となった。

内川はインタビューで、

「(ファイナル初登場、初トップで)ほっとしてます。(暫定首位奪取について)着順はまだ道中なので、終わったときのゴールテープを切るときに一位になるためにやってますので、(フェニックスと)差が詰まって並びになれたことが一番うれしいですね」

と語った。

【Result】
1着 内川幸太郎サクラナイツ 4万5400点/+65.4
2着 松本吉弘・ABEMAS 4万3500点/+23.5
3着 魚谷侑未・フェニックス 5800点/▲34.2
4着 伊達朱里紗麻雀格闘倶楽部 5300点/▲54.7

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +185.0(5/12)
2位 セガサミーフェニックス +184.6(5/12)
3位 渋谷ABEMAS +67.0(5/12)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲97.7(5/12)

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ3日目

詳細情報
KADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ」
4月21日の対戦はKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vs渋谷ABEMASvsセガサミーフェニックス

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
渋谷ABEMAS
セガサミーフェニックス
実況:小林未沙
解説:藤崎智
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

朝日新聞Mリーグ2021-22 ファイナルシリーズ3日目

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!