愛知県からMリーグへ 地元の人たちや若手の誇りになれるように EX風林火山ドラフト会議指名選手オーディション【鈴木優インタビュー】

愛知県からMリーグへ 

地元の人たちや若手の

誇りになれるように 

EX風林火山ドラフト会議

指名選手オーディション

【鈴木優インタビュー】

鈴木優(最高位戦日本プロ麻雀協会)

Twitter:https://twitter.com/yu_suzuki_ABC

 

-今回のオーディションへの参加は、迷われなかったですか。

迷わなかったです。いろいろ大変な部分もあり、もしつかみ取ることができたら環境も変わると思いますけど、すぐに心は決まっていました。

-チャレンジすることを周りの方に伝えたときの反応はいかがでしたか。

私は最高位戦日本プロ麻雀協会のA1リーグにいるんですけど、リーグの結果や配信対局とかは結構見てくれて、一緒になって応援してくれる方が多いです。みなさんすごく応援してくださるのでありがたいです。

-Mリーグという舞台は、どのようにご覧になられていましたか。

憧れの場所、ですかね。もしああいう舞台で打てたら、自分も今以上にものすごく成長できるのではないかと思います。そういう舞台で見られて、失敗してしまうこともあるでしょうけど、そこでいろいろな意見を聞いて吸収していきたいです。まだまだ成長を止めたくないので、Mリーグという環境に身を置くことが強くなる近道ではないかと思っています。

-今回のオーディションでも、自団体のトップリーガーや他団体の強いプロが参加しています。

そもそも一番にならなきゃダメなので、みなさん強いですけど、相手が誰というよりも自分がしっかりと準備して、悔いの残らない16半荘を終えて結果がどうか、という感じですかね。相手は関係ないです。

-応援してくださる方に向けて、メッセージをいただけますか。

私は愛知県出身で、地元では成績を気にしてくださる方や解説をチェックしてくださる方がたくさんいます。愛知県は東京と比べると教える人もあまりいないのですが、最高位戦の東海支部では若い子たちも勉強会や私設リーグをやって切磋琢磨して頑張っていて、私もすごく刺激をもらっています。そういう後輩たちに「こんな先輩が愛知県にいる」と言ってもらえるような選手になりたいです。

あとは地方からMリーガーに私が選ばれることで、地方の選手にも可能性はゼロではないことを示して、チャレンジする気持ちが芽生えてくれたらうれしいと思います。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!