パンクブーブー・佐藤哲夫が打ったあわや倍満リーチ! まさに勝負の分かれ道になった一局 麻雀最強戦2021「著名人異能決戦」観戦記【B卓】担当記者:危険な鬼太郎

パンクブーブー・佐藤哲夫が

打ったあわや倍満リーチ!

まさに勝負の

分かれ道になった一局

【B卓】担当記者:危険な鬼太郎 2021年8月1日(日)

B卓は対局者4人全員をテレビの画面で見たことがあるほど、知名度のある4人が集まった。

そんな4者を軽く紹介する。

瀬川瑛子

数々のヒット曲を世に送り我々を魅了した人気歌手。

麻雀が物凄く大好きらしく、2年ぶりの最強への挑戦になる。

歌手活動のみならずマルチに活動しているイメージがある瀬川。どんな麻雀を見せてくれるかとても楽しみだ。

 

徳井健太

Mリーグ大好き芸人の平成ノブシコブシ徳井。麻雀番組などで度々顔を見せており、対局番組などにもかなり出演している。

その麻雀巧者ぶりを今大会でも発揮できるか。

 

佐藤哲夫

人気コンビでM-1グランプリ優勝経験もあるパンクブーブーのボケ担当。テレビでもよくネタを観る事があるがやはりいつみても面白い。

しかし今回は喋りでの面白さがまったく必要が無く麻雀の腕で優勝が決まる大会。麻雀でもお笑いでも頂点に立つことが出来るか。

 

近藤くみこ

女性お笑いコンビのニッチェのツッコミ。自宅にも雀卓を持っているほど麻雀を嗜んでおり、TV対局の経験も豊富。

最強戦では割と初出場の選手がよく活躍しているイメージがあるので、近藤からも目が離せない。

 

【B卓】

東2局 親・瀬川 ドラ【5マン】

徳井が字風の【南】【白】をポン!

手牌がドラドラなのでキビキビと仕掛けていく。

この仕掛けに追いついたのが佐藤

カン【6マン】一盃口ドラドラ5200のヤミテンを入れる。一瞬、リーチを打つか迷ったかのように見えたが、仕掛けている徳井にはマンズが高いので若干躊躇しているように見えた。

次順、最高の【4マン】を引くものの佐藤はこれをツモ切り。

【7マン】を切ればドラドラの【3マン】【6マン】リーチは打てるが、徳井にはマンズが高いのでマンズ待ちは微妙。リーチすればなかなか出てくる待ちではない。

しかし…ヤミテンならば今の巡目ならマンズはまだ切られるかもしれないので、ヤミテンが利くカン【6マン】を続行したものだと思われる。

佐藤のこの狙いは冴えにさえ、この【6マン】を親番の瀬川から捉えて

一盃口ドラドラの5200をアガル事に成功する。幸先が良いスタートだ。

しかし中々各者点差が付かず、ほぼ点差が付かずに南入を迎えた。

南2局 親・瀬川 ドラ【1マン】

恐らくは佐藤が最も後悔しているであろう一打が出る。

ドラ3の佐藤が聴牌。456の三色含みでドラ3の化け物手だ。

自分から5枚見えの【4ソウ】【7ソウ】じゃなくて確定三色の【白】単騎でリーチを打ちたい所だが…【白】は場に2枚切れの地獄単騎。

どうするか非常に悩ましい所だが…。

ドラ3なので枚数を優先して【4ソウ】【7ソウ】のリーチを選択する佐藤。これが…、

何と【白】の方を一発ツモ。白を選んでいればリーチ一発ツモ三色ドラ3で、最低でも倍満からのスタートだった。

この大物手が空ぶったのは佐藤にとって痛すぎる。これさえアガリ切れていれば1位通過は恐らく佐藤になっていただろう。麻雀ではこのようなたらればは言ってもきりがないが、この最強戦の舞台ではたらればの一つでも言いたくなる。

これが尾を引いたのか次局佐藤は安全牌に窮して近藤のリーチに筋の【1ソウ】を切ると、

これが何と一発での放銃となってリーチ一発ドラの5200の痛手となった。

オーラスの南4局は徳井が覚悟のペン【3マン】リーチを打って辛くも2着を守り切っての決着となった。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!