【最終回】麻雀最強戦2020ファイナリスト!ごきげんな一発屋・新井啓文の「不機嫌な自戦記」第5回‼︎

【最終回】麻雀最強戦2020ファイナリスト!ごきげんな一発屋・新井啓文の「不機嫌な自戦記」第5回‼︎

私的家で過ごす一番の楽しみといえば、
「第3回AbemaTVトーナメント」(将棋)
Mリーグじゃないんかい、と突っ込まれそうだが面白いのだからしょうがない。
そしてこちらの番組でもチーム編成に今流行りのドラフトが採用された。
普段目にしない棋士の素顔や人間関係が見られる実に斬新な放送である。

番組でドリームチームのキャプテンを務める羽生善治九段。
その言葉には勝負師として習うべきものがたくさんある。
特に「運命は勇者に微笑む」という言葉は大好きで、麻雀中に背中を押されたことも多い。
羽生先生のタイトル100期、心待ちにしております。

さて将棋の話になると止まらないので決勝後半を見ていこう。

南場は矢島の強烈な2000/4000でスタート。

対局者からは落としが完成メンツから切ったことが確定しており、
それも含めて矢島麻雀の神髄を見たアガリだった。
珍しく点数申告を間違えていたが、これほど気持ちが理解できる誤申告もなかなかないと思う。

迎えた南2局。
決勝の勝因となったのは何といっても本局だろう。

点数は
矢島  17600
新井  28600
古橋  39900
ダンプ 13900

親番は残っているものの、できれば高打点を決めてその後の選択肢を増やしたい。
自分に高打点が入らなければ、矢島に安手で連荘してもらうのも悪くない。
開始前はそんなことを考えていた。

ドラ

 

形はなかなか。

を重ねてドラ色のピンズホンイツが理想的か。

そして5巡目

さあここだ。
3巡目に残念ながら(?)を引いており、ホンイツはなくなっている。
この手、がアタマのままだと1300になってしまう可能性も高い。
また、上家の矢島も2巡目にを切っており、ソウズの下は比較的安め。
重なりはそこそこ期待できそうだ。

点棒状況・河・全てに後押しされ対子落としでのリャンシャンテン戻しを決行。
大博打を打つ。
そのまま安全牌を持たずメンタンピンに向けてパンパンに膨らませ、
10巡目には

ここまで育つ。
まさに『チャンス・to・チャンス』(日吉)



頭の高め三色テンパイを逃しているがそんなことは忘れた。
ここまで来たら気分はタンピン三色である。

11巡目ツモ

なかなかすんなりとは来てくれないものだ。
ドラがということもあり難しい。
河を見るとマンズでアタマが望めそうと判断し、
とした。
ドラ受けは無くなるが、イーペイコー変化は残る。
引きは当然テンパイ取らずだ。

頼む、これ以上迷わせないでくれ…
しかし次巡持ってきたのはこの上なく迷わせる

456567、まさに「人生を変える決断」。
本当に難しかった。
実戦では正解を選べたが、それが正しかったのか今でもわからない。
この時は序盤の思考の延長でソウズの下目が若干安いというのと、上目を持っている可能性が全員にあるということを頼りに456の三色に受けた。

  • Twitterで”毎日”麻雀情報を発信中!