「新シーズンはより攻撃的に」EX風林火山・二階堂亜樹 コメント

「新シーズンはより攻撃的に」EX風林火山・二階堂亜樹 コメント

チームのドラフト1位、Mリーグを象徴する打ち手の一人として活躍してきた「卓上の舞姫」二階堂亜樹。昨シーズンは優勝シャーレを手にしたが、3年間で残してきた自らの成績には、全く満足していない。より攻撃的な姿勢を打ち出し、4シーズン目のMリーグに臨む。

-優勝チームとして新シーズンを控えた、今のお気持ちはいかがですか。

今考えると、昨シーズンは追い込まれているような心境だったんだろうなと思います。当時はそこまでプレッシャーに感じないようにしようと思っていたんですけど、終わったときには安堵感の方が強かったです。そんな状態だったので優勝の実感がないままここまで来たのですが、そうは言っても自覚を持たないといけないと思うので、開幕までにはしっかりとしていきたいです。ただもともと、常に挑戦者という立場で何事にも向かおうと思っているので、王者でありながらも挑戦者という気持ちを新たにして、挑もうと思っています。

ただ、連覇を狙える唯一のチームという立場ですし、ファンの方は連覇してほしいはずなので、そこは多少意識はすると思います。そのためにはファイナルに残らないと話にならない、そこの土俵にも上がれないので、まずはレギュラーシーズンをしっかり戦い抜くことを目標にしていきたいですね。

-新シーズンに向けて準備してきたことはありますか。

1年目や2年目はかなり守備的な麻雀を打っていたと思うので、スタイルチェンジとまではいかないにせよ、3年目は攻撃寄りにシフトしたつもりでした。でもシーズン後半は守備寄りに戻っていたと思うので、オフシーズンは攻撃を意識した麻雀を打ってきたつもりです。私はもともと守備意識が高くて静観するタイプだったんですけど、積極的に参加していこうと気持ちを切り替えていかないといけないと思いました。エキシビションマッチでも今までやらなかったようなことをしましたし、ファンの方に見ていただいている前でしたので、意識して自分が変えていることをアピールできたという意味では良かったと思います。

-ユニフォームのデザインが変わりましたが。

もともと赤が主体で、赤は膨張色なので太って見えるところがちょっと・・・と思っていたんですけど(笑)、サイドに黒が来たので結構スッキリして見えるようになったので、女子的にはうれしいですね。

-最後に、ファンのみなさんに向けてメッセージをお願いします。

3年通して個人で良い成績が残せていないので、4年目もマイナスするようだと、それだけでチームの負担になってしまう部分がすごくあります。要所要所で結果を出せる方がいいですけど、トータル的に見てもドラフト1位という自覚を持たなければいけないと思うので、成績も出しつつ、みなさんに見てもらえる、評価してもらえるような麻雀を打てるようになればいいと思っています。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!