【第2回 #雀魂 #バーチャルインターハイ 第3回戦レポート】MVPはゴールじゃない 「やってみよう」の精神が 歌衣メイカと麻雀を繋いでいる【文 #後藤哲冶 】

第3回戦 歌衣メイカ×渋谷ハジメ×咲乃もこ×鴨神にゅう

『雀魂バーチャルインターハイ』
神域リーグを盛り上げた配信者達が再び集う一夜限りの祭典。

全4試合で行われるこの大会は、3試合目を迎えた。

ここまでの成績は以下のようになっている。

神域ストリーマーリーグでもチーム優勝を果たしたアトラス大学高等学校がリード。
しかしこの大会は4試合目のptが倍になっていることもあり、まだまだ展開はわからない。

第3試合

東家 歌衣メイカ (アトラス大学高等学校)
南家 渋谷ハジメ (ヘラクレス学苑高校)
西家 咲乃もこ  (アキレス女学院)
北家 鴨神にゅう (ゼウス工業高校)

東1局

終盤にテンパイを入れた親の歌衣が【5ソウ】【8ソウ】待ちのリーチをするも、その現物で待っていた咲乃が渋谷から【5マン】を捉えて1300のアガリ。
静かな立ち上がりを見せる。

東2局
神域リーグMVPの歌衣が、ダブルリーチチャンスのこの配牌。
雀頭の東が、鴨神から打たれるも当然のスルー。
ここでテンパイを入れられればダブルリーチだ。

ダブルリーチはできなかったが、【7マン】引きで遠くに567三色も見える。
メンゼンで手を進めていく。

5巡目に自力で【東】を引き入れてリーチ。
リーチ【東】ドラ1は出アガリ6400点からだ。

同巡、鴨神がひそかにテンパイを入れる。
ボーナスがつくイーペーコーのテンパイ。
出ていく【2ソウ】は、渋谷が【5ソウ】を通していてスジの牌だ。

鴨神はこれをダマに構える。

直後にこれをリーチ者の歌衣から打ち取った。
鴨神がリーチをかけていれば先負のボーナスもついてきたが、麻雀AIがはじき出した答えはダマ。
相手は親。ボーナスがあるとはいえ、カン【8マン】ではめくり合いに挑むにはいささか心許ない待ちだ。

特殊ルールに対応しつつも、いつも通りの冷静なスタンスは変えない鴨神。
神域リーグでも何度もチームを救ったその頭脳は今日も健在だ。

鴨神は東3局も1300、2600のツモアガリで持ち点は3万点を超える。

そうして東4局の親番を迎えた鴨神。

配牌が良い。
そして微かに見える役満の景色。
暗刻が1つに対子が3つだ。

しかし3巡目に引いてきた【赤5ピン】四暗刻を見切る。
親で赤が2枚あるこの手牌で、四暗刻にこだわる必要はない。
【7ソウ】引きを逃す方が罪なので、ここで打【7ピン】

しっかりとこの【7ソウ】を捉えた。
最強麻雀AIは役満程度に引っ張られない。
見事最速での親リーチを捉える。

この【南】が渋谷の手に残ってしまっていた。
一発のアガリは12000。大きなアガリで第3試合は鴨神が抜ける格好になる。

一方逆にへこんでしまった渋谷だったが。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!