甲斐谷忍が麻雀マンガを「週刊少年マガジン」にて連載開始!!

「週刊少年マガジン」は、『ソムリエ』『ONE OUTS』『LIAR GAME』『ウィナーズサークルへようこそ』と数々のヒット作品を世に送り出してきた漫画家・甲斐谷忍先生が「週刊少年マガジン」2016年4・5合併号(2015年12月22日(火)発売)より新連載『無敵の人』をスタートさせると発表した。

「週刊少年マガジン」誌上での麻雀漫画の連載は、『哲也-雀聖と呼ばれた男』(原案/さいふうめい・漫画/星野泰視・単行本全41巻・文庫本全22巻)以来初の、10年ぶり。

『無敵の人』は初回、巻頭カラー付きの計67ページで登場。最高位戦日本プロ麻雀協会所属のプロ麻雀士・張敏賢氏が麻雀監修を担当する。また、同号では新連載応援企画として須藤凜々花さん(NMB48)のグラビアが掲載され、須藤さんと張氏を交えた記念麻雀対局の動画がYouTubeにて公開予定。さらに、甲斐谷先生と須藤さんのコラボサイン色紙抽選プレゼントも実施するとのこと。2015年の最後に発売される「週刊少年マガジン」でのビッグな新連載に注目していきたい。

【ストーリー】

麻雀において“無敗”は可能なのか? 運の要素が強く、1回も負けないことなど不可能と言われるゲーム・麻雀。その圧倒的無理難題に、二人の少年が挑む! 事故で感情を失った代わりに驚異的な記憶力を得た少年・邑田瑞樹。そして、その瑞樹をとある理由で追う少年・園川順平。麻雀を通して変化していく、彼ら二人の友情にも注目!

©甲斐谷忍/講談社

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です