岡田紗佳、南場の大爆発!! 個人4勝目獲得でサクラナイツの起爆剤となるか!?【Mリーグ2022-23 / レギュラーシーズン 】

岡田紗佳、

南場の大爆発!!

個人4勝目獲得でチームの

起爆剤となるか!?

プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2022-23」の78日目、第1戦は岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ)が、トップを獲得。東場を耐え忍んだ岡田が、南場で親ハネマンを含む3連続和了でトップを決めた。

第1戦の対局者は、赤坂ドリブンズ村上淳KONAMI麻雀格闘倶楽部滝沢和典U-NEXT Pirates鈴木優、そして岡田の4名。

東場は村上と滝沢のペースで進行、両者がハネマンをツモって互いに譲らぬ展開となる。

南1局、ドラの【白】を鳴けた岡田が、鈴木のリーチ宣言牌を捉えて【白】・赤1の8000点。

南2局、岡田が2巡目リーチ。ピンフ・赤1の【6ピン】【9ピン】待ちに滝沢が捕まる。ウラ1の8000点で岡田がトップ目に躍り出る。

決定打が出たのは続く南3局。【東】・ドラ1のカン【4ソウ】待ちリーチをかけた岡田(ドラ【5ソウ】)は、【1ソウ】を暗カンした後に【4ソウ】ツモアガリ。ウラが3枚乗っての6000オール。一気に5万点オーバーに。

岡田はオーラスも4巡目にチートイツをテンパイし、即座に鈴木から1600点を討ち取って試合終了。久々のトップで4勝目を持ち帰った。

岡田はインタビューで、

「上下がどんどん迫ってきたので、見てるみなさんもドキドキハラハラできるような、最後の十数試合になるのかなと思います。最近個人的には調子悪かったんですけど、サクラナイツ全体としてはかなり持ちこたえていると思うので、ファイナル進出に向けてポイントを積み重ねて行きたいと思います。」

と語った。

【Result】
1着 岡田紗佳サクラナイツ 5万2200点/+72.2
2着 滝沢和典麻雀格闘倶楽部 2万2400点/+2.4
3着 村上淳・ドリブンズ 1万5100点/▲24.9
4着 鈴木優・Pirates 1万300点/▲49.7

【Total】
1位 EX風林火山 +571.5(78/94)
2位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +475.5(77/94)
3位 U-NEXT Pirates +102.5(77/94)
4位 渋谷ABEMAS ▲63.5(78/94)
5位 TEAM RAIDEN / 雷電 ▲109.6(78/94)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲139.3(77/94)
7位 セガサミーフェニックス ▲243.3(78/94)
8位 赤坂ドリブンズ ▲593.8(77/94)

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsコナミvsPirates

詳細情報
赤坂ドリブンズvsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI麻雀格闘倶楽部vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

赤坂ドリブンズ
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI麻雀格闘倶楽部
U-NEXT Pirates
実況:松嶋桃
解説:浅井堂岐
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

大和証券 Mリーグ ドリブンズvsサクラナイツvsコナミvsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀新刊&おすすめ書籍/