滝沢和典、連続直取りで「タキヒサ対決」を制す!! EX風林火山、ファイナル進出圏の4位に浮上!!

滝沢和典、

連続直取りで
「タキヒサ対決」を制す!!

EX風林火山、
ファイナル進出圏の

4位に浮上!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル5日目、第1戦は滝沢和典EX風林火山)が、トップを獲得。試合は滝沢と佐々木の叩き合い、いわゆる「タキヒサ対決」となった。リードする佐々木から南3局・南4局と連続して直撃を奪った滝沢が勝利。風林火山は4位へ2ランクアップとなった。

第1戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳KONAMI麻雀格闘倶楽部佐々木寿人TEAM雷電萩原聖人、そして滝沢の4名。

開局から「タキヒサ対決」の火花が散る。

東1局、西家・佐々木がチートイツ・ドラの【1マン】単騎待ちでリーチをかけると、北家の滝沢は無筋を連打して、456サンショク・赤2の【4マン】【7マン】待ちテンパイ(【4マン】のみ出アガリ可)。同じくヤミテンを入れていた親の岡田が【4マン】をツモ切って放銃。まずは滝沢が8000点のリードを獲得する。

次局も、滝沢は萩原とのリーチ対決に競り勝ってツモアガリ。リーチ・ツモ・タンヤオピンフ・ドラ1・ウラ1の3000・6000。滝沢が2局で大量リードを築く。

しかし、佐々木が黙っているはずもなく、東3局の親番でドラ1のペン【3マン】待ちをリーチ・ツモ。ウラが1枚の4000オール。

同1本場もピンフ・高めタンヤオ・ドラ1の【1ピン】【4ピン】【7ピン】待ちをリーチして【4ピン】のツモアガリ。さらに4000オールを加点して、滝沢を逆転する。

東4局の滝沢の親番は、岡田がリーチ・ツモ・三暗刻【南】・赤1・ドラ1の3000・6000のツモアガリで戦線に食い込む。

佐々木の大量リードで迎えた南3局。滝沢のリーチに手詰まった佐々木が【2ピン】を切ると、滝沢から「ロン」の声。ピンフタンヤオ・ドラ1の8000点。

オーラス1本場、彼我の差は4900点。

佐々木がピンフ・ドラ1・赤1の【6マン】【9マン】待ちテンパイ(ドラ【8マン】)。親の滝沢がメンホン・【南】・高めイーペーコー【3ソウ】【6ソウ】待ちテンパイ。

このヤミテン対決を制したのは、滝沢。佐々木が高めイーペーコーとなる【3ソウ】をツモ切って、12000点の放銃。再度トップは滝沢に。

さらに2本場、3着目の岡田にドラの【3ソウ】が配牌でアンコで入る。さらに赤を1枚内蔵した岡田が、【4マン】【7マン】待ちの4巡目リーチ。9巡目にツモアガリ。3000・6000で佐々木をかわして、岡田が2着でフィニッシュ。

セミファイナルでの「タキヒサ対決」は滝沢に軍配が上がった。

滝沢はインタビューで、

「勝ったときは調子も内容もよく見えちゃうんで、今日の(試合)は良いか悪いかはわからないです。(4位に浮上について)まだまだ先は長いので、なんとも言えないです。ただこの試合は一つの勝負どころではあったかな、とは思いました」

と語った。

【Result】
1着 滝沢和典・風林火山 4万5200点/+65.2
2着 岡田紗佳サクラナイツ 3万9100点/+19.1
3着 佐々木寿人麻雀格闘倶楽部 2万7500点/▲12.5
4着 萩原聖人・雷電 ▲1万1800点/▲71.8

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +285.1(7/16)
2位 渋谷ABEMAS +269.1(6/16)
3位 赤坂ドリブンズ +18.5(6/16)
4位 EX風林火山 ▲47.6(5/16)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲75.7(7/16)
6位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲118.7(5/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ5日目」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月19日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!