瀬戸熊直樹、ツモり勝負に競り勝ち、雷電セミファイナル3勝目!! 4位の座を即座に奪還!!

瀬戸熊直樹、

ツモり勝負に競り勝ち、

雷電セミファイナル3勝目!!

4位の座を即座に奪還!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2020」のセミファイナル5日目、第2戦は瀬戸熊直樹TEAM雷電)が、トップを獲得。7回のアガリ中ツモアガリが6回という、ツモり勝負となった第2試合。沢崎と瀬戸熊の競り合いとなったが、南場で差し切った瀬戸熊に軍配が上がった。第1試合で6位に沈んだ雷電だったが、即座に4位復活となった。

第2戦の対局者は、EX風林火山滝沢和典KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠KONAMI麻雀格闘倶楽部藤崎智、そして瀬戸熊の4名。

ツモアガリが非常に多く出た、この第2試合。

東2局2本場、北家・沢崎がリーチ・ピンフ・ツモの700・1300。供託リーチ棒3本を手に入れる。

東3局、親の藤崎がリーチをかけるも、ヤミテンを入れていた瀬戸熊がツモアガリ。タンヤオイーペーコー・赤2の2000・4000。瀬戸熊がトップ目に立つ。

次局、トップを奪われた沢崎がリーチ・ツモ・ドラ1の1000・2000を決めて、瀬戸熊を再逆転。

南1局、瀬戸熊のターツ選択が見事に決まる。ソーズのターツを払ってピンフ・高めイッツー【4ピン】【7ピン】【9ピン】待ちでリーチをかけた瀬戸熊、安めながら【7ピン】を一発ツモ。1300・2600で、再々逆転。

勝敗を決したのは南3局。親の藤崎が4着目から、起死回生をかけたリーチを敢行。受けて立ったのが瀬戸熊。ピンフタンヤオで追いついてリーチ。【4マン】【7マン】VS【3ソウ】【6ソウ】。藤崎の【4マン】【7マン】の方が牌山には残っていたのだが、無情にも薄い【6ソウ】を藤崎が掴んで3900点。

オーラスは全員ノーテンで、瀬戸熊が逃げ切り勝利。瀬戸熊はセミファイナル初勝利、雷電は3勝目獲得。第1試合に6位に沈んだが、即座に4位復活となった。

瀬戸熊はインタビューで、

「黒沢信用金庫から融資を得て、萩原・瀬戸熊、ちょっとやってこいって言われました。萩原さんが残念な結果だったんですけど、僕のほうがなんとか踏ん張ったんで、また黒沢さんから貯金をいただいて、2人でがんばろうねと話し合っていたところでしたので、よかったです」

と語った。

【Result】
1着 瀬戸熊直樹・雷電 3万8600点/+58.6
2着 沢崎誠サクラナイツ 2万5500点/+5.5
3着 滝沢和典・風林火山 2万4800点/▲15.2
4着 藤崎智麻雀格闘倶楽部 1万1100点/▲48.9

【Total】
1位 KADOKAWAサクラナイツ +290.6(8/16)
2位 渋谷ABEMAS +269.1(6/16)
3位 赤坂ドリブンズ +18.5(6/16)
4位 TEAM RAIDEN/雷電 ▲60.1(6/16)
5位 EX風林火山 ▲62.8(6/16)
6位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲124.6(8/16)
7位 U-NEXT Pirates
8位 セガサミーフェニックス

「朝日新聞Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ5日目」

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「朝日新聞 Mリーグ2020 セミファイナルシリーズ」
4月19日の対戦はEX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsKONAMI 麻雀格闘倶楽部vsTEAM RAIDEN / 雷電

■オフショット
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s40

■対局舞台裏
https://abema.tv/video/title/444-7?s=444-7_s35

キャスト

EX風林火山
KADOKAWAサクラナイツ
KONAMI 麻雀格闘倶楽部
TEAM RAIDEN / 雷電
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世
(C) M.LEAGUE

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!