灼熱のタキヒサ決戦 滝沢和典は冷静な判断と強靱な意志で勝利を掴む【Mリーグ2020セミファイナル観戦記4/19】担当記者:東川亮

灼熱のタキヒサ決戦 

滝沢和典は冷静な判断と

強靱な意志で勝利を掴む

文・東川亮【月曜担当ライター】2021年4月19日

朝日新聞Mリーグ2020セミファイナルは、早くも中盤戦を迎える。

激戦必至の第2週、初戦のメンバー発表を見て心が沸き立ったファンは少なくないだろう。

今シーズンでは1/8以来となる、滝沢和典佐々木寿人の「タキヒサ」対決。

しかし、今回は予告なしでの激突だ。

そしてあのときとは状況が全く違う。

滝沢のEX風林火山、寿人のKONAMI麻雀格闘倶楽部はともにセミファイナル敗退圏内の6位と5位。

チームのために、目の前のライバルを絶対になぎ倒さなければならない。

個人の思いとチームの事情、あらゆるものを背負った決戦が始まる。

4月19日 第1回戦

東家:岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ

南家:萩原聖人TEAM雷電

西家:佐々木寿人KONAMI麻雀格闘倶楽部

北家:滝沢和典EX風林火山 

ライバルはいきなりぶつかった。

東1局、寿人が巧みに七対子を仕上げてドラ【1マン】待ちのリーチ。

滝沢も十分形になっていたが、ここでは寿人の現物【3マン】を切って目いっぱいにはしない。

こうしておくと、ドラ【1マン】を引いたときに使えるルートが残る。

裏目の【3ソウ】を引いたとしても、自身の通した現物【6ソウ】を切って粘れる構えだ。

そして【4マン】【7マン】待ちで高目三色、赤赤のテンパイ。

ヤミテンだと三色になる【4マン】でしかアガれないが、【7マン】が4枚切れのため、ここはヤミテンで静かに一撃をうかがう。

このとき、親の岡田も【5ソウ】【8ソウ】待ち平和テンパイを入れていた。

そこへ掴んだ【4マン】、滝沢がリーチをしていたなら止められていたかもしれない。

滝沢の8000は、自身の加点のみならず寿人のチャンス手も潰す、価値あるアガリとなった。

次局は滝沢が萩原とのリーチ対決で同じ【6ソウ】【9ソウ】待ちを引き勝って3000-6000。

滝沢が序盤の展開をリードする。

東3局は親の寿人が先制。

6巡目、よどみないモーションでペン【3マン】待ちリーチをかける。

滝沢はここから無スジのトイツ【5ピン】を押した。

自身の手はホンイツ模様で、現物がない。

下手にスジを頼ったところで通る確証はなく、なにより手を崩せば残り巡目を逃げ回ることになる。

それならばと、まっすぐ自身のアガリを追った。

無スジを連打し、【5ソウ】をチーして【赤5マン】まで押し、カン【2ソウ】待ちテンパイ。

しかし、終盤で無スジの【4ピン】を押してまでは粘らなかった。

待ちの【2ソウ】は少し前に寿人が【5ソウ】を切ってスジとなっているが、周りからすれば滝沢が押しているのは明白なため、【2ソウ】とてそうそう切られる牌ではない。

そこでさらに勝負をするのは分が悪いと踏んだか。

最後は寿人がツモ、裏を乗せて4000オールのアガリを決めたが、普段はあまり見られない、滝沢の強烈な押しが興味深い一局だった。

勢いに乗った寿人は次局もリーチツモタンヤオ平和ドラの4000は4100オールを決め、一気に滝沢を抜き去りトップ目へと突き抜ける。

タキヒサ対決の構図が鮮明となってきた一戦だが、麻雀は4人でやるゲームだ。

残る二人だって、脇役で終わるつもりは毛頭ない。

 

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!