朝倉康心の決死の手作り ラス回避のスペシャリストが見せた執念【Mリーグ2020観戦記1/22】担当記者:真中彰司

朝倉康心の決死の手作り 

ラス回避のスペシャリストが

見せた執念

文・真中彰司【金曜担当ライター】2021年1月22日

1月22日 第2試合

東家 朝倉康心U-NEXTパイレーツ

南家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

西家 藤崎智KONAMI麻雀格闘倶楽部

北家 岡田紗佳KADOKAWAサクラナイツ

残り29試合で6位まで260ポイントと、崖っぷちのパイレーツ。

なんとしてもトップが必要なこの場面で、朝倉康心が出航した。

東1局の親番、さっそく先制リーチに向けて手を進めるが、うまく手がまとまらない。

一気通貫が見えるが、ペンとカンが苦しい形だ。

そして、既に切っているをおもむろにツモ切ると…

魚谷の8000点に放銃。

近頃のパイレーツはこんな展開が多い。チームカラーには反するが、「ツキが無い」という状態なのだろうか。

東2局に1000・2000で半分取り返して反撃開始かと思われたが、その後は全く手が入らず、戦えていない状態が続いた。

ドラ対子のこんな勝負手も…

藤崎と岡田の2軒リーチに挟まれ、横移動で終わってしまった。

まさにパイレーツの今季の厳しさを物語るかのような展開。

目立ったアガリは東2局だけで、なんとそのままオーラスに突入してしまうのだ。

しかし、ただラスを引くだけでは終わらないのが朝倉。

天鳳で鍛えたラス回避力を存分に見せる時が来た。

満貫の出アガリか3900の直撃なら3着浮上、跳満ツモなら2着浮上。

ドラが手元に無いため、タンヤオを狙って進めていく。

を全て受け入れられる手になっているのも嬉しい。

アガリトップの魚谷は軽いタンヤオの手牌をもらった。

はポンしていくだろう。

親の岡田は連荘に向けて着々と手を進めていく。

時間の猶予はあまり無い。

タンヤオのみだとツモって裏1条件になってしまう。

何か、何か満貫の確定するルートは無いか…

これだ!234のタンヤオ三色ならリーチでも満貫になる。

このを魚谷がチーして、いち早くのテンパイを入れる。

しかしそのチーで流れてきたのは絶好の

これでならツモでもロンでも条件クリアだ。

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!