麻雀最強戦2018ファイナル観戦記②【B卓編】瀬戸熊、福本、岩崎、渡辺…勝者と敗者を決める「2歩」の攻防

麻雀最強戦2018

ファイナル観戦記②B卓編

瀬戸熊、福本、岩崎、渡辺…

勝者と敗者を決める

「2歩」の攻防

【ファイナルB卓】担当記者:花崎圭司

 

いろんな思いを持って4人の雀士が集まった。

男子プロ代表、瀬戸熊直樹。

麻雀最強戦「手役の極み」で優勝し、FINAL進出を決めた。

麻雀が好きで、麻雀プロに興味を持っているのならば、彼の名前を知らない人はいないだろう。

麻雀対局がネットで配信されるようになってからおおよそ10年たとうとしているが、その時代を牽引しているのが瀬戸熊プロである。

ネット配信の集大成のひとつが「Mリーグ」だが、そのMリーグで戦う21人のひとりとして恥ずかしい戦いは見せられない。

著名人代表「常勝の盾」で優勝した、

福本伸行。

「アカギ」「カイジ」など大ヒット作品を描いている漫画家である、と書くこともおこがましいほどの人である。そもそも「麻雀最強戦」のロゴに“アカギ”がいるのである。

A卓で戦う片山まさゆき先生、そして解説の馬場裕一プロが始めた「グッド・プレイヤーズ・クラブ」、通称“GPC”という会がある。そこで著名人の方々がリーグ戦を行い、チャンピオンを決めている。

ここ数年行けていないのだが、筆者もそこで戦わせてもらっており、福本先生と同卓したことがあるが、いつも高打点、しかも役満を本当によくアガる。「ヒットの延長線上にホームランがある」、逆に「ホームランの打ちそこないがヒット」とかいうが、福本先生の場合は「ホームランの延長線上が、場外ホームラン」といった感じだ。

全日本プロ代表、岩﨑真。

私がFINAL出場メンバーの中で一番注目している雀士である。

まずはその佇まい。ツーブロックで横流し。少し灼けた肌にスーツ姿。そのスーツも、ベストに太めの赤いネクタイ。

「麻雀界のインテリ・アウトレイジ」

そんな言葉が脳裏によぎった。

もちろん本当に無法者というわけではない。所作はその真反対で、背筋がまっすぐ伸び、摸打も丁寧だ。そのスマートさが、よりアウトレイジ感を増しているが、今回の戦いで、そのプロらしい姿に目を引いた視聴者も多いと思う。

そしてなにより全日本プロの代表である。プロが200名以上集まり、北野武監督ではないが「これからみんなに麻雀で戦ってもらいます」と、力勝負の麻雀をやり、それに生き残った猛者が、岩﨑真である。

敗者復活戦で勝ち残ったのは渡辺洋香プロだ。

現在、女流雀士が数多く活躍しているが、そのさきがけとなったひとりである。現在18期となる女流最高位、その初代女王が渡辺プロである。敗者復活、ということは一度は死んだ身である。「女流プレミアトーナメント」で敗れ、今年の最強戦は終わったと思われた。しかし前年度の最強位、金太賢プロが雀王の連覇したため「雀王」枠が空白、急遽敗者復活戦が行われ、それに渡辺プロが勝ち残った。ファイナリストの中で一番“持ってる”存在だ。

そんな差はあれど、FINALに残った人間にすんなりと来た者はいない。それぞれ思いをもって卓を囲む。

その座順は

 

東家 瀬戸熊直樹

南家 福本伸行

西家 岩﨑真

北家 渡辺洋香

となった。

東1局 ドラ

福本がのリャンメン待ちを選べたが、タンヤオ確定ののシャンポンリーチ。

 

これに渡辺が

 

で追っかけリーチ。

さらに岩﨑が

 

ピンフ、イーペーコー、ドラ1確定のリーチを打つ。

この三軒リーチ、勝ったのは

 

渡辺。岩﨑からロンアガリを決める。

 

東2局もリーチ合戦となる。

 

福本がペンチャンでリーチ。

瀬戸熊はカンチャンでテンパイを入れるがダマ。

そして渡辺が待ちリーチ。

 

これに今度は福本が振り込む。

 

この2局で感じたのが、瀬戸熊がこれまでの実績とか関係なく、Mリーガーのことも関係なく、この戦い、今の1局1局に集中して戦っているということだ。

そしてこの4人、「攻撃的」な渡辺、福本。そして「防御重視」の瀬戸熊、岩﨑、といった戦いとなる。

「防御的」ではなく「防御重視」といったのは、守ってばっかりではない、ということだ。守ってばっかりだと、ツモられると自分の点数、素点が減っていく。それを防ぐために、時に大胆に攻める。

ツモられて損なケースといえば、自分が親の時だ。

東3局 ドラ

親は岩﨑。配牌でを2枚もらう。

 

岩﨑はここで一拍置き、

 

を切る。

まだ序盤。自分の点数は2万1000点。無理して染め手にいくのではなく、アガれる手を作っていく。

3巡目。

渡辺がを切る。岩﨑はスルー。

同巡、瀬戸熊がを切る。

 

岩﨑、ポン。

 

麻雀はメンゼン派と鳴き派と分かれるが、この岩﨑のの鳴きはどちらの派閥においても、マイノリティーの鳴きではないだろうか。

鳴くなら1枚目から鳴く。鳴かないなら2枚目も鳴かない。

しかも同巡のだ。手が苦しいか、もしくは安いかと思われる。

実際にその手はのみだ。

岩﨑はその後チーテンのペン待ち。

 

安くて苦しい。

そこに瀬戸熊のリーチ。

 

万全の待ちだ。

ここで岩﨑、危険牌のを持ってくるが、

 

プッシュ。を切る。アウトレイジだ。

そして同巡、瀬戸熊からが出る。

 

価値ある1500点となるか。

東4局、福本が先制リーチをするが、岩﨑は一気通貫確定のテンパイ。それをリーチし、トップ目の渡辺からアガり、トップとなる。

 

南3局 ドラ

岩﨑はトップ目をキープしたまま、親番を迎える。

その10巡目、を重ね、

 

同巡ポン。誰が見ても親の満貫確定である。

12巡目、瀬戸熊がカン待ちのリーチ。

 

だが渡辺は同巡チーを入れ、瀬戸熊の一発を消し、ラス目の瀬戸熊を苦しめる。

 

そこへ同じ巡りで岩﨑がポンでテンパイ。

 

瀬戸熊と同じ待ちとなる。

しかし渡辺もテンパイを入れる。

 

だが渡辺、

 

を持ってくる。通っていない危険牌。

 

回ってを切る。

そして次巡、

 

を持ってきてを切り、テンパイを戻す。

ところがその次巡、

 

を持ってくる。これも通っていない。リーチの瀬戸熊、そしてテンパイを入れているあろう岩﨑。自分の手は、この2人相手に戦うのに見合っていない。

 

を切る。

最終巡目。岩﨑がを持ってくる。

 

渡辺が切れなかっただ。岩﨑は両手を組み考える。このは通るのか。これをプッシュするほどの自分の手牌に価値があるのか。親番の価値があるのか。

 

岩﨑は手牌からを切ってオリた。

だがまだ終わらない。海底の渡辺、を持ってきてテンパイを三たび、張り返す。

 

渡辺は考える。親の岩﨑はどうやらオリた。福本もオリている。ケアするのは瀬戸熊だけ。そして通る牌は……押せる牌は……。

 

渡辺は……

 

 

を切り、テンパイ。そのまま流局。トップ目の岩﨑と3000点縮める。

岩﨑は東3局で1500点のために押せたが、南3局では押せなかった。

渡辺はこの勢いに乗り

南4局1本場

6800点+1本場300点の7100点をアガり、トップ目となる。

しかしまだ、まだ終わらない。最強戦ルールはアガり止めはない。

 

南4局2本場 ドラ

点数は

瀬戸熊 13100点

福本  15500点

岩﨑  32400点

渡辺  39000点

渡辺は岩﨑と6600点差。手牌を伏せて流局させれば、決勝のステージに行ける。

ここで岩﨑の配牌

 

ドラ3枚をもらう。逆転には十分すぎる手だ。

2巡目にを重ね、ポンの準備。でもその必要はなかった。6巡目、

 

3枚目のを持ってきて暗刻にする。決勝卓への準備は万端だ。

だが渡辺の手も進み、10巡目、

 

カンのテンパイ。さらに手牌を変え、終盤の14巡目、

 

待ちのピンフのテンパイを入れる。

ここで瀬戸熊からが出るがスルー。手牌を伏せての流局か、岩﨑直撃を狙う。

しかし、

 

そのを自分自身が持ってくる。

 

16巡目。あと2歩、たった2歩くぐり抜けて、流局すれば自分の勝ちだ。ここでアガって、もう1局するのは苦しい。だが、その「2歩」の間に岩﨑が来るかもしれない。テンパイしているかもしれない。瀬戸熊も染め手なのは見えている。

渡辺の選択は、

 

を切り、アガらなかった。

これがキズとなるか? 自分で蟻の一穴を掘ってしまったのではないだろうか?

同巡、瀬戸熊がリーチする。

 

同巡、福本もリーチ

 

そして、岩﨑も待望のをチーをしテンパイ。

 

一瞬にして事実上の三軒リーチに囲まれた渡辺。あと2歩が遠い。

岩﨑の目から見れば、アガリ牌のを瀬戸熊と福本も掘ってくれる状況だ。ただ、ソーズは瀬戸熊の染め手で、は瀬戸熊もアガれる牌で、はこれも瀬戸熊が4枚持っている。だがそれでもアガリ牌はが1枚、ある。

一巡めぐって、海底は福本。福本が持ってきたのは……

 

ではなかった。瀬戸熊だけのアタリ牌だ。

リーチ、ホンイツ、、海底。6翻。裏ドラが4枚乗っても10翻で倍満止まりでトップには届かないが、静かにロンと発声し、牌を倒す。

もし岩﨑が南3局でオリず、戦っていれば――。

負けた岩﨑にはキズが残った。

南4局2本場、

渡辺はツモでアガれたが、それをせず、流局を選んだ。

それが成功し、渡辺は決勝進出を決めた。

 

渡辺にはキズが残らなかった。

敗者はいつも悔いが残る。

あそこであの選択をしていれば渡辺を捕まえられていたかもしれない。

だが渡辺は最後の「2歩」という長い距離を、全力で駆け抜け、逃げ切った。

このB卓の戦い。4人の強さを実感できたのではないだろうか。

こと、岩﨑はその対局姿を2回しか見せていない。

 

映画「仁義なき戦い」で菅原文太演じる広能がこういうセリフがある。

「弾はまだ残っとるがよう」

そう、まだ弾は残っている。

まだ終わってなんかいない。始まったばかりだ。

花崎圭司(はなさきけいじ)
放送作家・小説家・シナリオライター。映画化になった二階堂亜樹の半生を描いた漫画「aki」(竹書房刊)の脚本を担当。

(C)AbemaTV

【シリーズ記事】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記①【A卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記③【C卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記④【D卓編】

麻雀最強戦2018ファイナル観戦記⑤【決勝卓編】

 

近代麻雀戦術シリーズ新刊情報

「麻雀強者の0秒思考」

著:ZERO

12月15日発売!!!!

Amazonでの予約はこちら→「麻雀強者の0秒思考」