戦う前に絶好調の自分を想像するな サイバーエージェント・藤田晋社長の勝負哲学

“戦う前に、絶好調の自分を想像するな”

麻雀もビジネスも勝負強くなる!サイバーエージェント社長・藤田晋の勝負哲学

「藤田は勝負強い!」

ビジネスの世界でもそう呼び声の高いサイバーエージェント・藤田晋社長による「勝負強さ」を身につけるための実践記が麻雀ファンだけでなく、麻雀を知らないビジネスマンの間でも話題を集めている。キンマWebでは2018年8月に発売された著書

「仕事が麻雀で麻雀が仕事」

の中から、ためになるのはもちろん、麻雀を知らない人が、麻雀に興味を持ってもらえるような記事を抜粋して紹介していきます。

 

 

【戦う前に絶好調の自分を想像するな】

待ちに待った麻雀の日、絶対に負けられない対戦の前、人は戦う前に絶好調時の自分をイメージしがちです。しかしそこには大事な押し引きの感覚を狂わせる落とし穴があります。

麻雀を長くやっている人なら、毎局のように良い配牌を手にし、大きな振りこみも免れ、何をやっても上手くいって3連勝、4連勝。そんな日を経験したことがあると思います。

しかし言うまでもありませんが、それは圧倒的に稀なケースです。さして良い配牌でもなく、当たり牌も掴まされ、我慢の麻雀を強いられる、麻雀というゲームはそのほうが普通ではないでしょうか。

戦う前に絶好調の自分を想像するということは、その稀なケースのほうに自分のメンタル的な照準を置いているようなものです。すると何が起きるかというと、毎回のように配牌が酷く見えて嘆いたり、自分の状態を過信して無謀な勝負に出てしまったりするのです。

麻雀は4人でやるゲームなので、単純に4分の3はアガれなくて普通の状態です。しかし絶好調の自分に照準を置いている人は、その普通の時間帯がひどく劣勢に立たされているように感じます。そこに焦りや不安が生じて自滅してしまうのです。

これは金持ちになって不幸に陥るパターンに似ています。裕福になり、周囲からちやほやされると、その特別な状態は自分の実力だと勘違いします。するとそこには喜びを感じられず、逆に安物に嘆いたり、扱いが悪い店員に腹を立てたりして、自ら不幸になるのです。

仕事においても、社内外で注目されるような大活躍をする時期があります。冷静に振り返ってみれば、それは長い仕事人生のほんの一時期なのですが、誰しもそれが本来の自分の実力だと思いたいものです。しかし麻雀同様、絶好調の自分に照準を置けば、それ以外の普通の日々が劣勢に立たされたように感じます。すると麻雀同様、不安や焦りから自滅しやすくなります。

逆に、絶不調を想像するのもよくありません。麻雀には、配られる牌パイは最悪で、毎回のように当たり牌を掴まされる、そんな日も確かにあります。でも、それもまた稀なケースなのです。

大事な麻雀の対戦の前は、楽観せず、悲観もせず、気持ちをニュートラルな状態に戻して試合に臨む、それが一番大事だと私は思います。

※サイバーエージェント社長・藤田晋 著「仕事は麻雀で麻雀は仕事」より抜粋

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!
  • キンマwebの人気コンテンツ

    • Mリーグ最新記事が無料で読める - 記事ページ
    • キンマWebオリジナル4コマ漫画

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です