ヒデオ銀次、優勝!~著名人出場枠争奪戦レポート~

文・木村由佳

1月23日、2016年最強戦の著名人枠争奪戦が行われた。
これは、5月21日に予定されている「著名人代表決定戦」の出場資格を争うもの。今回の出場者はヒデオ銀次(歌手)、城埜ヨシロウ(漫画家)、志名坂高次(漫画家)、広瀬章人(将棋棋士)。半荘2回で、トータルポイント首位の1名が、著名人代表決定戦への参加資格を得る。

結果から言うと、この日の半荘2回ともトップを取ったヒデオ銀次が勝ち上がり、「著名人代表決定戦」の出場資格を得た。ヒデオ銀次は1回戦東1局にホンイツ5200をアガったの皮切りに、終始危なげない麻雀で勝ち上がりを決めた。

とはいえ、他の3人にまったく逆転のチャンスがなかったわけではない。先行した状態での銀次の守備が最も顕著に見られたのは、1回戦南3局1本場だった。このときのスコアは親の城埜から次の通り。

 城埜  29.2

 銀次  35.1

 志名坂 29.4

 広瀬   6.3

 

この局、親・城埜の配牌がよかった。 0204_jyono

發發一筒四筒六筒八筒八筒三索三索三索五索三萬六萬九萬 ドラ八筒

この手をアガり切れば、トップになる可能性がかなり大きくなる。

(※このつづきは麻雀最強戦チャンネルでお読みください。)

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です