またも驚異の高1女子雀士現る!! 優勝は三澤瑠花さん!!!【高校女子オープン2018・冬】

またも驚異の

高1女子雀士現る‼︎

優勝は三澤瑠花さん!

【高校女子オープン大会2018冬】

2017年の8月1日(牌の日)に開催され好評を博した「麻雀最強戦PRESENTS 高校女子オープン大会」。

その第5回となる大会が、12月24日(月)12時より、「麻雀最強戦PRESENTS 高校女子オープン2018・冬」として開催され、その模様はFRESH LIVEにて生配信された。

8名の高校女子によるトーナメント戦の結果、1年生の三澤瑠花さんが優勝を果たした。

今回の出場者は、島村奈菜さん、宮本ひなのさん、佐藤えみなさん、井町梨乃さん、三澤瑠花さん、長澤頼花さん、高山結理さん、伊藤花菜さんの8名。

この中で島村さんは2018年・夏大会、高山さんは2017年・冬大会の覇者。

予選A卓は、
島村さん、
宮本さん、
佐藤さん、
伊藤さんの対局。
結果は1位・宮本、2位・伊藤の2人が勝ち上がった。

A卓
1位:宮本ひなの
2位:伊藤花菜
3位:佐藤えみな
4位:島村奈菜

予選B卓は、
井町さん、
三澤さん、
長澤さん、
高山さんの対局。
結果は1位・高山、2位三澤の2人が勝ち上がりとなった。

B卓
1位:高山結理
2位:三澤瑠花
3位:長澤頼花
4位:井町梨乃

決勝は三澤・高山・伊藤・宮本の並びでスタート。

開局、三澤が軽快に仕掛けてホンイツ・カン・ドラ2のマンガンを高山から討ち取って先行する。

次局、北家となった三澤がをポン。3フーロの末にホンイツをテンパイ。
他家は対応を余儀なくされ、三澤と伊藤の2人テンパイで流局。

東3局は三澤が、役無しのカンチャン待ちをダマテンに構え、首尾よく両面に変化してリーチ。
これに現物のない宮本が一発で放銃。ピンフ・ドラ1・ウラ1の8000点のアガリとなった。

東4局、三澤がタンヤオ・ドラ1の待ちをダマテンに。
伊藤がをポンしてチャンタを狙い、カン待ちテンパイ。
しかしテンパイしたがゆえにが止まることなく、三澤に2000点の放銃となってしまった。

三澤トップ目・伊藤2着目で、闘いは南入。

高山がのタンヤオを・ヤミテン。
しかし、親の三澤からドラ3の先制リーチが入る。待ちはペン待ち。

迂回した高山が待ちで追いかけリーチ。
手詰まった宮本がを選択して、三澤が12000点を加点して49500点と大量リードを築く。

オーラスを迎えて、
三澤 44,500
伊藤 35,500
高山 13,500
宮本   6,500
という点棒状況。