Mリーガーの“選択”僕たちは魚谷の変化にいくつ気付けたか【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio

熱論!Mリーグ【Fri】

Mリーガーの“選択”

僕たちは魚谷の変化に

いくつ気付けたか

文・masasio【金曜担当ライター】2018年11月23日

突然だが、麻雀において最も大事なことはなんだろうか?

打点意識?まあそれも大事だ。

スピード?もちろん大事。

しかし一番大事なのは「気付き」ではないだろうか?

相手の何気ない切り出しからも、気付けることはある。

一見何気ない手牌でも高い手になる可能性を秘めていることがある、そこに気づけるか。

特にMリーグのように限られたメンツで、限られた回数を打つ場合、対戦相手の微妙な変化に気付けるかどうかも大事になってくるだろう。

選手たちの素晴らしい選択を皆様にお伝えできるよう「気付き」を大事にしたいと思う。

ポイント状況はこちら。

80戦打って上位4チームが次のステージへ進むことができる。

まだ始まったばかりだと思っていたが、もうすぐ折り返し。

私の感想としては「良かったな」というところがまず一番だ。

何が良かったのかというと、どのチームもまだ優勝の可能性を充分に残している。

ポイントが離れすぎてしまうとどうしても負けているチームが無理をせざるを得なくなってしまう。

もちろんそれはそれで別の面白さはあるのだが、今はまだ7チームの白熱した争いを見ていたいなというのが正直なところだ。

本日は3位から6位までのボーダーをめぐる戦い。

特に順位を落としてきているアベマズ、パイレーツは再び上位に返り咲きを狙っているだろう。

対戦相手はこちら。

個人1位の多井と19位魚谷の最速対決、ロボVSセレブと見どころの多い組み合わせだ。

 

東1局から局面が大きく動く。

 バラバラの手牌を丁寧に進めた黒沢。

ソーズのリャンカンができて、ドラのを切った。

セレブな黒沢のことだからかいっそのことかと思ったが素直にドラのを切った。

このドラを多井にポンされた次巡

絶好のを引いてテンパイ。

当然のリーチ!!!

・・・せず。

「強気のヴィーナス」

黒沢の愛称だ。

強気なら当然リーチじゃないのかと言いたくなるが、黒沢の強気とはそういう次元ではないのだ。

多井にドラポンが入っている局面。

打点的にはドラポンには見合わない。

もしを引いて高め三色になれば勝負しよう。そういう次元での強気なのだ。

さらに自分の手は字牌が多く、オリるのには困らなそうだ。

手替わらずに終盤になればオリきれるということだろう。

ドラポンが入っているにもかかわらず、自分の三色の手替わりに冷静に気付いていた黒沢ならではの選択だった。

この局はドラポン多井が小林から8000出アガリ。

 

東2局

8000放銃した小林が繊細な気付きを見せる。 

ここからなんと

普通は

この巡目ならポンに備えて切りが普通だろう。

下家の多井の河がこちら。

多井は字牌から素直に切り出しており、ダブも一番に切っている。

通常ならなんてことはない河だが、多井は堅い打ち手、なおかつトップ目だ。

さらにのペンチャン落としも入っている。

かなりまとまっているとみてよさそうだ。

も危険だが、マンズがほとんど出てないのでマンズが急所になっていると見たか。

事実を切れば多井にテンパイが入るところだった。

この後マンズがまとまって・・・

3メンチャンに手替わってリーチ!

多井から8000を取り返した。

小林の狙い通りになった形だ。

 

東3局、今度は魚谷

このバラバラの配牌から打

ホンイツを見ていく。

そして遠いところから

 をポンして切り。

自分の手はかなり苦しいが、ポイントはドラの

他家もなかなかこの派手な河の仕掛けには押し返しにくい。

そうやって周りの足を止めておいて、その間にあわよくばテンパイ、アガリをみようということだ。

そして自分の仕掛けに対して危険な牌を切ってきた人は良い手が入っているということなので、そこに対してオリればよい。

イーシャンテン止まりだったが、自分の手の見えない可能性に気付いていた魚谷の見事な仕掛けだった。

 

東4局、小林 

何切る?

雀頭がで2メンツ決まっている。

で1メンツ。

残る1メンツをどこで作るかを考えればいい。

となるとと強い浮き牌をのこす切りが自然に見える。

特にMリーグでは相手の読みを外すため、先切りを選択する選手が多い。

しかし小林は

が2枚切れなので固定するには心細いので暗刻に備えての1打だ。

浮き牌の比較だが、がくっつけばよいのだが、がくっついてしまうと、マンズが2度受けになってしまう。

実に理にかなった一打で見習いたい。

次巡がくっついて打

美しい完全イーシャンテンだ。

「何でも先切りすればいいというわけではないよ」

先切りのデメリットに気付いていた小林の綺麗な1打だった。

 

東4局

まずは親の魚谷がダブをポン。

イーシャンテン変わらずのポンだが、受け入れが広がって仕掛けも効くようになる。

リーチはできなくなるが、ダブなので打点も落ちない。

良い仕掛けだ。

それに対応したのがセレブ黒沢。

イーシャンテンだが何を切ろう。

自分の都合ならだろう。

しかし黒沢は

親の魚谷にソーズの上はかなり危険と気付いている。

1枚を勝負するだけならまだよいが、もしテンパイしても、まだが余ってしまう。

3着目だからまっすぐ行きたくなるところだが、親に勝負できないと見た冷静な1打だ。

するとを引いてここは当然強気のリーチ!!

最後のは赤だった。

セレブなだけじゃない繊細な3000/6000でトップ目に立つ。

 

時は進んで南3局

点棒の少なくなった小林。

 一打目にを切ってが来た局面。

うっかりツモ切ってしまいそうだが丁寧に切り。

をポンして

小林といえばスピードのイメージが強いが、別に早くテンパイしようと思って打っているわけではない。

その時の最善を考えた結果、スピードよりの選択に過ぎない。

今回のように打点が必要な局面ではしっかり打点を作れるからこそ、小林はトッププロとして君臨できているのだ。

魚谷のリーチを受けながらもじわじわ手を進めていき・・・

この見事なテンパイ。

自分の手の隠れた可能性に気付いていた小林のものかと思われたが・・・

余ったが魚谷へ放銃

リーチのみだったが、なんと裏3!!

今日まで苦しい展開が続いていた魚谷に嬉しいご褒美だ。

オーラス、黒沢より600点リードした魚谷。

一応トップ目だが、多井にマンガンをツモられると3着まで落ちてしまう。

非常に嫌な予感・・・

 ダンラスの小林が失点回避の仕掛けを入れるが、もし小林がツモアガリでも1000/2000以上だと親被りで2着に落ちてしまう。

非常に苦しい時間だったが、この局は小林の1人テンパイで流局。

魚谷は久しぶりの嬉しいトップとなった。

久しぶりのトップにこの表情。

最後は本当に苦しい局面だった。

ほっと一息といったところだろう。

インタビューでもほっとした表情が見られてよかったよかった・・・

なのだが、ここで衝撃の事実が!!

 こちらは先週の魚谷。

ここまで読んできてくださった読者の方ならお気付きだろう。

そう・・・

魚谷の髪型が変わっているのだ!!!

ちなみに私はまっっったく気付きませんでした。ハイ。

「気付き」は麻雀以外でも大切ですね。

髪型も変わって心機一転の魚谷。

ここまで、寿人、たろうと不調だった選手は皆、華麗な復活を遂げている。

魚谷もこの流れに続いていきたい。

改めて魚谷侑未選手、久しぶりのトップおめでとうございます!!

 

masasio

天鳳8段、元雀荘のメンバー。ライター初挑戦のニューフェイス。Twitter→こちら 

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvs雷電vsPirates

【関連記事】
「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
“たろう、園田、村上「三人のおじさん」は知恵と勇気を振り絞るよ Mリーグの荒波に向かって【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」

この記事のタイトルとURLをコピーする