小林剛は“ビタ止め”をするべきだったのか?【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗

熱論!Mリーグ【Fri】

小林剛は“ビタ止め”を

するべきだったのか?

文・阿部柊太朗【金曜担当ライター】2018年11月23日

ゴアテックスという素材をご存知だろうか? この素材には水滴よりも小さく、水蒸気の分子よりは大きい穴が開いている。 そのため、水は弾くが水蒸気は通すという能力を持っている。 例えばこの素材をレインコートに用いれば、雨はしっかりと弾いてくれる上に、中の汗や湿気などの水蒸気は外に通すことができる。したがって従来のレインコートのようなジメジメによる不快感を起こさない。 不必要なものは通して、必要なものだけは止める。 麻雀もそんなことが出来たらいいのだが。

 

U-NEXT Pirates・小林剛

渋谷ABEMAS・多井隆晴

TEAM雷電・黒沢咲

セガサミーフェニックス・魚谷侑未

 

開局親番の小林の手牌。

をポンしてタンヤオのみのテンパイ。

下家の多井がドラポンを含む2フーロをしているため、

の押し引きで長考している。

さて切るべきか?止めるべきか?

これだけではなんのこっちゃ分かりやしない。

時間を巻き戻して多井の仕掛けを牌図で振り返るとしよう。 局面が動いたのは8巡目。

①黒沢が切ったドラのを多井がポンして打 次巡、

②多井は何か(以下Xとする)を引いて打

単純なターツ落としならば、非常に大切な情報だ。

◆手の内にはよりも優秀な待ちが残っている

と切っているので、がくっついたりしても採用しなくてもいいほど手が整っている そして最も大事なのは

◆この瞬間はテンパイしていない可能性が高い ということだ。 ポンしてからターツを落とすということは、の瞬間はイーシャンテン以下であることが濃厚。 そしての瞬間にXを引いて打。 このXは3つのパターンが考えられる

・有効牌

よりも安全度の高い牌

・フォロー牌

有効牌は多くても6種類程度だが、それ以外の牌の種類の方が圧倒的に多い。 手出しが入ったからといって手が進んだと考えるのは早計だ。 以上のことからゴウテックスは多井の切ったをポン、

通っていないを切ってテンパイに取った。

は水蒸気、不必要なので通す。 すると多井は次巡、

を手出し

これによりXがだったことが判明した。 ここでもまだテンパイの可能性は低いと言える。

より安全な牌

・フォロー牌

を引いた可能性が高いからだ。 また仮にテンパイしていたとしても、多井の河に情報が少ないため当たり牌が絞り切れない。 そのためゴウテックスは終盤に通っていないを切った。

も水蒸気、不必要なので通す。 をチーして打 これにより多井はかなりテンパイ濃厚となった。 そして迎えるのは冒頭のシーン。 多井に対して当たりそうな牌は限られてきている。 ゴウテックスは長考の末…. このを切った。

・ツモられても4,000点の失点

・テンパイ料&親の連荘

のワンチャンス

といった理由だろう。 結果的には放銃になってしまった。 しかし大切なのは放銃をしたことではなく、思考のメカニズムを知ること。 よく勘違いされるが、麻雀プロは当たり牌を1点で読み切っているわけではない。 可能性の高低で押し引きを決めているのだ。 11月16日の対局で小林が2軒リーチに対して四暗刻をテンパイしたが、を止めて降りたことが話題となった。 実際にはリーチの当たり牌だったが、小林はが絶対に当たると思ったからビタ止めしたわけではない。 2人に対してが当たる確率が高く、通したところで自分のアガりの確率が低いと判断したまでだ。 先ほどの局面。 小林は「以外にも当たる可能性のある牌は残っていて、通せばそれに見合うリターンを受けられると思った。」と言うだろう。 読み違えてが通ると思って切ったわけではない。 当たることもあるが通ることもあって、何万回と繰り返したときに切った方が得だと判断したまでだ。 やはりゴアテックスなど理想に過ぎない。 麻雀は確率のゲームなのだから。

阿部柊太朗

最高位戦日本プロ麻雀協会所属。オンライン麻雀「天鳳」の牌譜機能を駆使した超緻密な観戦記が話題に。ブレイク間近の若手プロ雀士。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ABEMASvsフェニックスvs雷電vsPirates

【関連記事】 「少牌」「裏ドラ」の存在を有名にする男…我こそは滝沢和典【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 “たろう、園田、村上「三人のおじさん」は知恵と勇気を振り絞るよ Mリーグの荒波に向かって【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 “ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司 子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲 己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio 「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO 日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司 ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介 インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲 最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗 決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio 魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー 油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司 負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】 魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】 亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】 それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】 これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】 変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】 卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】 進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】 俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】 “踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】 Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】 死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】 “ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】 Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】 近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】 高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】 女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】 もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】 俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】 ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】 狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】 二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】 “多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】 白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】 麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】 私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】 まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】 身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】 少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】 見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実 Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】 Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る! 「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記 サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」