たろう、園田、村上「三人のおじさん」は知恵と勇気を振り絞るよ Mリーグの荒波に向かって【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司

熱論!Mリーグ【Thu】

たろう、園田、村上

「三人のおじさん」は

知恵と勇気を振り絞るよ

Mリーグの荒波に向かって

文・真中彰司【木曜担当ライター】2018年11月22日

時は現代、有名な三人のおじさんが 長い長い戦いをしていた。

一人は賢く、鳴き仕掛けを得意としていた。

一人は強く、リーチを得意としていた。

そしてもう一人は…勝利への道を最短で行く、素早いおじさんだった。

おじさん達は、激しく荒れるMリーグを、力を合わせて勝ち抜いていくことにした。

ところが賢いおじさんは翌日の大切な試合に備えて休養を取ることになり、強いおじさんは風邪を引いてしまった。

そんなわけで、素早いおじさんこと鈴木たろうは、二人の分まで頑張ろうと卓へ向かっていったのであった。

今回で6連投となるたろう。果たしてポイントを稼ぐことは出来るのだろうか?

【1回戦】

【東2局】

南家のたろう、わずか3巡目でこのリーチ。

をポンしていくかと思いきや、面前のままスルスルっとテンパった。

すぐに滝沢から高目のをロン。裏も乗って満貫になった。

さすが素早いおじさん。あっという間に満貫を掻っ攫っていった。

手組みを解説する暇もない、カジキマグロのようなアガリ。

平均打点8,746点(リーグ首位)は伊達じゃない。

【東4局】

今度はたろうに賢いおじさんが乗り移った。

(お、面白そうな手だな!)

ここからメンツ固定の打として、場に安い筒子の下での雀頭作りを目指すと、

(これを先打ちしとけば、かなりアガリやすくなるな)

このもツモ切り、が重なった場合のカン待ちへの布石も打っておいた。

そして思わず「計画通り」と言ってしまいそうなリーチ。

このカンを前原から簡単に討ち取って2600のアガリ。

ただ素早いだけじゃない。先を読んでアガリ率を高める、賢いおじさんでもあった。

【南1局】

たろうに赤が2枚のチャンス手。

ここでカンのテンパイを取ることもできるが、

およびを引けば両面以上のテンパイが入る優秀な形。

あくまで好形を狙う頑固なおじさんのたろうは、このをツモ切った。

そして狙い通りの待ちでリーチ。

視聴者の誰もが「勝ったッ!南1局完!」と思ったことだろう。

しかし、前原のリーチと滝沢のドラポンに押し返されてしまい…

滝沢へ12000の放銃となってしまった。

これがMリーグの怖さ。

いくら速くても、いくら用意周到でも、負ける時は負けてしまう。

荒波に呑み込まれてしまったたろうは、そのままラスを引いてしまった。

1回戦終了後、久々のラスにたろうもこの表情。

しかしへこたれている暇はない。

二人のおじさんの思いを背負って、たろうは再び卓上へと向かう。

【2回戦】

2回戦の相手は佐々木(麻雀格闘倶楽部)、茅森(セガサミーフェニックス)、滝沢(EX風林火山)の3人。できれば現在首位の風林火山・滝沢と点差を付けて終えたいところ。

 

【東3局】

ここでたろうに強いおじさんが乗り移った。

(たろさん、ここが勝負所だよ!)

この配牌を丁寧に萬子に染めて…

ここでをポンしてトイトイを目指す。

ところがここに2人の強敵が立ちはだかる。

魔王・佐々木からは跳満確定の純チャン三色リーチが、

女豹・茅森からは満貫確定のタンピン三色リーチがかかる。

しかし、ここで怯まないのが強いおじさん。

(ここは行かなきゃダメだ!)

をポンしてのシャンポン待ち。

これを寿人から討ち取って8000点のアガリ。

素早さで勝てなくても、強い意志で追い付けばいい。

2軒リーチを掻い潜って強引にアガリを引き寄せた。

【東4局】

この次巡に出たを咄嗟にポン。バックで親を流しに向かう。

すると、すぐにがポンできて

滝沢から出たでアガリ。

のポンからたった3巡で局を回してしまった。

相手に全く反撃の隙を与えない。これぞ素早いおじさんの真骨頂。

1回戦のアガリがカジキマグロ並ならば、このアガリはチーター並と言えるだろう。

(もっとも、時速にすると5㎞しか差がないのだが…)

 

【南31本場】

試合はトップとラスの差が1万点以内の大接戦に。

そしてこの場面でも、あのおじさんが…

トップ目の佐々木を追いかけたい場面で、またもや3巡目リーチ。

あまりの速さに、解説していた渋谷ABEMAS・多井も「えぇ…」とドン引き。

他家が安全牌を切って回るヒマもなく一発ツモ。

もはや残り枚数を数える前に局が終わっている状態。

このアガリで2着の佐々木に跳満ツモの条件を押し付けた。

素早いおじさんの活躍に、ドリブンズ公式Twitterも大盛り上がり。

「ゼウス」を役にカウントしてしまうほどの興奮っぷり。

私は「ゼウス」は3翻役だと思っていたのだが、どうも公式では1翻役扱いらしい。

余談だが、Mリーグでは試合前に必ず審判が念入りに牌を混ぜている。

そのため、今回のように早い巡目のリーチが頻発することもあるにはある、ということだけはお伝えしておきたい。

この2回戦は南3局1本場の満貫が決め手となり、たろうが逃げ切って自身5勝目。

賢さと強さと素早さを兼ね備えたおじさんが、今日も勝利を手にした。

これでたろうは先週からの6連投を、トップ4回という好成績で駆け抜けた。

そしてチーム順位も、風林火山まであとトップ1回分というところまで迫ってきた。

果たして三人のおじさん達は、首位の座を奪うことができるのか?

おじさん達のMリーグの戦いは、まだまだ続いていく。

【追記】

今回のおじさんネタが気になる方は、ぜひBUMP OF CHICKENの「三人のおじさん」という曲を聴いてみてほしい。愉快なドリブンズの三人の姿が浮かんでくるはずだ。

真中彰司

関東の理系大学院に在学中の学生。個別指導塾の数学講師という顔も持つ。主に統計学を研究する傍ら、都内各地にて麻雀修行中。

(C)AbemaTV

【関連記事】
“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」