鈴木たろうも絶好調!! 風林火山に迫るチーム2位に浮上!!




鈴木たろうも絶好調!!
風林火山に迫る
チーム2位に浮上!!

11月22日に行われたプロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2018」。
2回戦は、好調の赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)がトップを獲得。鈴木は5勝目、赤坂ドリブンズはチーム12勝目となった。これにより赤坂ドリブンズは2位に浮上、トップまで1トップ差と迫った。

対局者は、EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)、KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)、セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)、そして鈴木。

鈴木・滝沢・佐々木・茅森の並び。

東3局、ポンで鈴木がトイトイに向かうと、親の佐々木から純チャン・サンショクのハネマン確定リーチが入る。すると即座に茅森から、高目ツモでバイマンの追いかけリーチが入る。

しかし、鈴木はさらにを鳴いてテンパイを入れる。

結果は、佐々木が鈴木の当たり牌であるを掴んでマンガンの放銃。鈴木が一つ勝負どころを制した。

南3局は、佐々木と茅森のリーチ合戦。これは茅森が佐々木のドラの単騎を掴んでハネマン決着。これで佐々木がトップ目に立つ。

同1本場、鈴木が満を持して3巡目リーチ。なんと一発・ツモ・のマンガンで佐々木を逆転。これが決め手となって、鈴木がトップで試合終了となった。

鈴木は勝利者インタビューで「(6連投4勝目について)うれしいです。一時(の不調時)に比べればなんて幸せなんだろう、と思ってます。今日の連投は決まってました。(1戦目前に)調子のいい茅森からパワーをもらっておこうと、念をこめて手を握ったんですけど(結果ラスで、アレが)悪かったのかもしれませんね。(苦笑)」とオカルトバスターズらしからぬ、耳を疑うコメントを発した。

【Result】
1着 赤坂ドリブンズ・鈴木たろう(日本プロ麻雀協会)3万5600点/+55.6
2着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・佐々木寿人(日本プロ麻雀連盟)1万2300点/+7.7
3着 セガサミーフェニックス・茅森早香(最高位戦日本プロ麻雀協会)1万9800点/▲20.2
4着 EX風林火山・滝沢和典(日本プロ麻雀連盟)1万6900点/▲43.1

【Total】
1位 EX風林火山 +186.9(36/80)
2位 赤坂ドリブンズ +145.6(36/80)
3位 渋谷ABEMAS +93.2(34/80)
4位 セガサミーフェニックス ▲7.0(34/80)
5位 U-NEXT Pirates ▲73.3(38/80)
6位 TEAM雷電 ▲140.2(32/80)
7位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲205.2(38/80)

◆大和証券Mリーグ2018 7チームが各80試合を行い、上位4チームがプレーオフに進出するリーグ戦。開幕は10月で翌年3月に優勝チームが決定する。優勝賞金は5000万円。ルールは一発・裏ドラあり、赤あり(各種1枚ずつ)。また時間短縮のために、全自動卓による自動配牌が採用される。

(C)AbemaTV

大和証券 Mリーグ ドリブンズvs風林火山vs麻雀格闘倶楽部vsフェニックス

【関連記事】
“ロボ・小林vsセレブ・黒沢”Mリーグの気まぐれが生んだ迷勝負【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
Mリーグ観戦記者が「黒沢咲のセレブ打法」という謎ゲームを実況解説してみた!【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
もしもウルトラマンが負けたら…たろうとヒサトが「惑星M」を支配する時【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
子供の手本にしたい超攻撃スタイル“寿人を大画面で楽しもう”【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
「Mリーグコレクション2018」 ファンが選んだカッコいいユニフォームは?【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
己の…風林火山の…Mリーグの未来を変える勝又健志の「世界線」【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
茅森と魚谷“天才”と“最速”の合成は成功するのか⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
「部屋とMリーグとゼウスと僕」〜鈴木たろうの純恋歌〜【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
ライディーン達を熱狂させる暴君・瀬戸熊直樹の『克己心』【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
知名度ゼロから挑む秀才・園田賢のMリーグ黄金伝説【熱論!Mリーグ】担当記者:ZERO
日本で一番叩かれるプロ雀士・萩原聖人は小島武夫を超えられるのか【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
テッペンは見えているか? 寿人、朝倉、亜樹、黒沢それぞれの「Mリーグ坂」【熱論!Mリーグ】担当記者:花崎圭司
ノストラダムスでも予言できなかった19年後の二階堂亜樹【熱論!Mリーグ】担当記者:梶谷悠介
インチキ観戦記者にライバル出現 その名は『熱闘!Mリーグ』!【熱論!週刊Mリーグ】担当記者:グレート巨砲
最年少Mリーガー松本吉弘へのジェラシーが止まらない件【熱論!Mリーグ】担当記者:阿部柊太朗
決戦は「金曜日」!パブリックビューイングで 輝くMスターは誰だ⁉︎【熱論!Mリーグ】担当記者:masasio
魔法が解けた高宮まり その時、狂戦士は少女になった【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー
油断したら噛み殺す!天才・茅森早香は猫を被った女豹【熱論!Mリーグ】担当記者:真中彰司
負けても負けても、白鳥翔が飛び続けなければいけない理由【熱論!Mリーグ】
魚谷侑未の“90度”マーメイドは麻雀を愛してくれているのか【熱論!Mリーグ】
亜樹&タッキーの「王道の麻雀」と「顔芸」で勝つ!風林火山の侵略計画【熱論!Mリーグ】
それいけ!ぼくらの…村上、石橋、黒沢、亜樹 あなたの推しキャラは?【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹の光と影 “打者一巡”したMリーガーたちの変化 【熱論!Mリーグ】
これが恋なのか… やられても不死鳥の如く蘇る近藤誠一に魅せられて【熱論!Mリーグ】
変幻自在の鳴きで卓上を駆けるマジシャン その名は園田!【熱論!Mリーグ】
卓上のMリーガーも空を切った 豪腕・瀬戸熊直樹の“変化球”【熱論!Mリーグ】
進撃の武田軍! 戦乙女・二階堂亜樹と 軍師・勝又健志が魅せる 風林火山の打ち回し!【熱論!Mリーグ】
俺を止めたいなら 核ミサイルでも落とせ! 佐々木寿人は攻撃をやめない【熱論!Mリーグ】
“踊る!バッシー御殿‼︎”は面白い! 石橋伸洋で楽しむ方法 【熱論!Mリーグ】
Mリーグ初役満を無視して考えた。パブリックビューイングは誰のもの?【熱論!Mリーグ】
死んでいたはずの “麻雀攻めダルマ” 佐々木寿人が目覚めた夜【熱論!Mリーグ】
“ずるごー”は健在だった 小林剛率いる 海賊たちの点棒略奪劇!【熱論!Mリーグ】
Mリーグの魔物がもたらした萩原聖人の変化【熱論!Mリーグ】
近藤誠一徹底分析 「事務局の人」から「卓上の阿修羅」へ【熱論!Mリーグ】
高宮まり、魚谷侑未は “亜樹・黒沢”世代を 超えられるのか【熱論!Mリーグ】
女たちの “2100秒の攻防” Mリーグ女流大戦勃発!【熱論!Mリーグ】
もしも麻雀がなかったら…一途な最速マーメイド 魚谷侑未の覚悟【熱論!Mリーグ】
俺たちの恋人 二階堂亜樹と過ごす史上最長の夜【熱論!Mリーグ】
ブルドーザー・前原、変幻自在・園田 それぞれの持ち味を長考しながら堪能する夜【熱論!Mリーグ】
狙うは白鳥翔の首ひとつ! 渋谷ABEMAS包囲網を敷け!【熱論!Mリーグ】
二階堂亜樹、メンタル崩壊…舞姫を狂わせた近藤誠一の禁じ手【熱論!Mリーグ】
“多井隆晴vs朝倉康心”新旧エース同士の世代闘争勃発!【熱論!Mリーグ】
白鳥は水面下でもがいているからこそ“リア充”に見える【熱論!Mリーグ】
麻雀攻めダルマ・佐々木寿人はこのまま終わってしまうのか【熱論!Mリーグ】
私の名前は石橋伸洋 赤字は垂れ流さない【熱論!Mリーグ】
まさにMリーグインフェルノ! オデが見た開幕戦の舞台裏【熱論!Mリーグ】
身内がMリーガーになった件 二階堂、前原、白鳥ら怪物たちと闘う弟【熱論!Mリーグ】
少牌、役満テンパイ…滝沢和典は本当に復活したのか【熱論!Mリーグ】
見た目は大事 Mリーグ・チェアマン藤田晋の著書「仕事が麻雀で麻雀が仕事」が記すビジネスの真実
Mリーグの船出 21人のプロ雀士に求められるもの【熱論!Mリーグ】
Mリーガー白鳥翔プロ【独占手記】開幕直前の胸中を綴る!
「Mリーグ」とは甲子園・春のセンバツ高校野球です 開幕直前、特別観戦記
サイバーエージェント・藤田社長がMリーグへの想いを語った「麻雀プロという職業を夢のあるものに変えたい」