まさに「えげつない」死闘の結末…Mリーグは次なる未知のステージへ【熱論!Mリーグ】

熱論!Mリーグ【Tue】

まさに「えげつない」

死闘の結末…Mリーグは

次なる未知のステージへ

文・アホ東大(院)生【火曜担当ライター】2019年2月12日

 

10月1日から5ヶ月間、7チーム21人の選手が紡いできたレギュラーシーズンが2019年2月12日、幕を閉じた。開催70日目。最終日の試合前のチームランキングは、こちら。

ボーダー暫定4位の赤坂ドリブンズと暫定5位のU-NEXT Piratesのポイント差は、130.5ポイント。ボーダーと暫定6位のセガサミーフェニックスのポイント差は、175.3ポイント。この2チームがファイナルシリーズに駒を進めるには、パイレーツとフェニックスはトップ2連勝条件に素点が絡んでくる。

ボーダーのドリブンズは80戦を戦い終えているためトップラス条件はなく、パイレーツは平均素点45,300点、フェニックスは平均素点67,700点のトップ2連勝が必要だ。2着の場合、トップと40ポイント差がついてしまうため、先ほどの条件に40,000点がプラスされ、さらに厳しい条件になる。

U-NEXT Piratesとセガサミーフェニックスはどのようにトップを狙っていくのか。

そして、脚本のないMリーグレギュラーシーズンはどのように幕を閉じるのか。

第1回戦は、

滝沢和典 (EX風林火山)

茅森早香 (セガサミーフェニックス)

白鳥翔 (渋谷ABEMAS)

朝倉康心 (U-NEXT Pirates)

の対決だった。

<南4局0本場>

ファイナルシリーズに勝ち進むにはトップでなければならない親番の朝倉。

アガればトップの滝沢は、1枚目はスルーし、2枚目のをポン。

「ハンサムはみんな2枚目」

解説・土田の渾身のギャグも実況・小林には、1回目は華麗にスルーされる。

立て続けにもポン。他者からは、役牌、トイトイ、もしくはチャンタ系に見える仕掛けだ。

トップまで跳満ツモ条件の茅森もチートイツのイーシャンテン。滝沢に鳴かれてしまうをどちらもおさえてのチートイツ。

平均打点女王は、他者が安手でアガることは許さないのだ。

茅森に絞られ、滝沢がイーシャンテンでもたついているうちに、

親番の朝倉もを引きいれ間待ちのテンパイ。

ここで小考に入り、打のテンパイ外し。

仕掛けをいれている滝沢がテンパイであるとは限らず、の場況が良いことが要因か。

それに加えて裏目のを引いてしまってもピンズの一気通貫が見える。

この手牌を待ちの悪いリーチ赤で終わらせるのはもったいない。

アガリがなんとしても欲しいところでこのテンパイ外しは肝が据わっている。

急がば回れということか。

次巡、を持ってきて、打

場況の良い待ちを固定し、マンズとピンズに雀頭を求める。そして、朝倉の選択に答えるように手牌が流動していく。

その間にも滝沢はをツモり、イーシャンテンの形を広げていく。