萩原聖人、復帰2戦目にしてセミファイナル初勝利!! 雷電、首位からさらにリードを広げる!!【Mリーグ2022-23 / セミファイナル 】

萩原聖人、復帰2戦目にして

セミファイナル初勝利!!

雷電、首位からさらに

リードを広げる!!

プロ麻雀リーグ「朝日新聞Mリーグ2022-23 セミファイナル」の12日目、第1戦は萩原聖人TEAM RAIDEN / 雷電)が、トップを獲得。復帰2戦目の萩原が奮闘。3度のマンガンでトップに立つと、その座を堅守して逃げ切り勝利を掴んだ。

第1戦の対局者は、EX風林火山二階堂亜樹KADOKAWAサクラナイツ岡田紗佳U-NEXT Pirates瑞原明奈、そして萩原の4名。

瑞原のリードで迎えた東2局1本場、二階堂の先制リーチにドラ雀頭のカン【7ピン】待ちで追いついた萩原がリーチ・ツモ。2000・4000で瑞原に並ぶ。

南1局、萩原はあわや大三元成就というところから【發】【中】・ドラ2の8000点を二階堂から徴収し、リードを広げる。

つづく南2局、二階堂が瑞原のリーチの現物の【9マン】を切ると萩原が手牌を開く。ピンフ・ドラ2・赤1のヤミテンでばっさり。

連続マンガンが決め手となり、萩原がセミファイナル1勝目を挙げた。

萩原はインタビューで、

「前回僕の復帰戦を、あの日に関しては復帰おめでとうっていう空気の中で麻雀を打たせてもらえて黒沢がトップを取ってくれて’勝った’みたいな空気になっちゃった。首位になったっていうのもあったんですけど、これは良くないなと。一番スキが出来るのは勝てると思った瞬間だとどっかの誰かが昔言ってたんで、今日ほど緊張して集中して打った日はなかったかなと思います」

と語った。

【Result】
1着 萩原聖人・雷電 4万1300点/+61.3
2着 二階堂亜樹・風林火山 2万3900点/+3.9
3着 岡田紗佳サクラナイツ 2万2400点/▲17.6
4着 瑞原明奈・Pirates 1万2400点/▲47.6

【Total】
1位 TEAM RAIDEN / 雷電 +274.7(15/20)
2位 EX風林火山 +206.2(15/20)
3位 渋谷ABEMAS +181.1(16/20)
4位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +146.0(16/20)
5位 U-NEXT Pirates +47.2(15/20)
6位 KADOKAWAサクラナイツ ▲310.7(15/20)

朝日新聞 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs雷電vsPirates 

詳細情報
EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates

■公式MリーグTwitter
https://twitter.com/m_league_

■公式ABEMA麻雀chTwitter
https://twitter.com/abema_mahjong

■公式YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCBHvzjvii3kp4gd_gw6UEIA

「この熱狂を”もっと”外へ」。Mリーグ2022-23の戦いはここからはじまる!!新Mリーガー3名を加え、全チーム4名体制、32名でのシーズンとなる。全8チームで各94試合レギュラーシーズンを行い、セミファイナルシリーズではレギュラーシーズン上位6チームで各20試合を実施、ファイナルシリーズはセミファイナルより上位4チームに絞られ、各16試合実施し優勝チームが決定する。2022-23シーズンでは赤坂ドリブンズEX風林火山TEAM雷電がチーム体制変更レギュレーション対象と対象となり、ファイナルステージへ進出しなければ最低1名の入れ替え、または追加によってチーム編成を変更しなければならない。

キャスト

EX風林火山vsKADOKAWAサクラナイツvsTEAM RAIDEN / 雷電vsU-NEXT Pirates
実況:小林未沙
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE

朝日新聞 Mリーグ 風林火山vsサクラナイツvs雷電vsPirates

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • \近代麻雀戦術シリーズ新刊/