わかりやすく解説!老練なバランサー沢崎誠の「損して得取る麻雀」【熱論!Mリーグ】担当記者:ゆうせー

熱論!Mリーグ【Mon】

わかりやすく解説!

老練なバランサー沢崎誠の

「損して得取る麻雀」

文・ゆうせー【月曜担当ライター】2019年11月25日

沢崎誠クイズーーーーーーーー!!!

いきなり始まったこの企画!

問題です。次の①〜④の河は全て、11月25日(月)の沢崎誠が打牌したものですが、2つが本手、2つが安手です。

いったいどれが本手でしょうか??

ドラは考慮にいれずお考え下さい。どうぞ!

(牌譜は、トガシの麻雀X研究所様からいただきました。)

※暗い牌がツモ切り、明るい牌が手出しです。

①(東場 西家)

・6巡目

・10巡目

②(南場 東家)

・6巡目

・10巡目

③(東場 東家)

・6巡目

・10巡目

④(東場 西家)

・6巡目

・10巡目

どうでしょうか??

ということで、正解は…

 

 

 

 

 

①と③が本手!

①は、

この手。

そして③は、

このような超大物手のイーシャンテンだった。

では、安手のほうを見てみると、

②は、

この形。下家・丸山の仕掛けに回った瞬間だ。

④は、

…ものの見事にバッラバラ。絶句した方も多いのではないだろうか。

沢崎のストロングポイントは、河から速度や打点が読みづらいところだ。

特に門前コースのときの、安手と本手の河が非常に似ている。

どうしてこのようになるのかを見ていこう。

良い手の場合(③の手 2戦目 東2局)は、先に不要な字牌や端牌から切り出して、手が整うにしたがって真ん中の牌が余ってくるので、

この記事のタイトルとURLをコピーする