渋谷ABEMASを支える「ミスター木曜日」白鳥翔、オーラスの判断の行方【熱論!Mリーグ】担当記者:東川亮

ただ、一気に2副露して警戒させれば他家へのプレッシャーが生まれ、相手の進行を止めることにもつながる。そしてを重ねればのリャンメン待ちになり、リャンメンが先に埋まれば自身の目から3枚見えで景色のいい単騎を選べる。

 

ここは、白鳥の選択がうまくはまった。次巡の引きで、あっさりと単騎のテンパイを入れる。道中でを引いたときには手の中から切り、相手の読みをずらす試みも忘れない。

オリられない小林も形式テンパイで粘ろうとするが・・・

 

引いたをツモ切って放銃!白鳥が小林を再逆転し、相性の良い木曜日で4度目のトップを獲得。自身のポイントをリーグ3位タイの219.2まで伸ばした。

なお、筆者はこの日、取材で渋谷ABEMAS控え室へとお邪魔していた。帰ってきた白鳥は笑顔で勝利を喜びつつ、すぐに仲間たちと、局面の選択について振り返りを行う。

負けたときはもちろん、勝ったときであっても自身の判断について考察し、次回へと生かす。特に麻雀は、正着と思われる一打を打ったことが裏目になったり、間違えたと思った選択が「結果的に」うまくいったりすることが往々にしてあるゲームだ。だからこそ、目の前の結果は結果として受け止めつつ、その過程も大切にする。

もちろん、こうしたミーティングは全チームが行っているだろう。チームだからこそ、お互いが忌憚のない意見を言い合い、各自の麻雀をブラッシュアップしていくことで、Mリーグの麻雀はさらに上質なものに仕上がっていくだろう。

これから年末に差し掛かるにつれ、麻雀をする機会が増える方も多いかと思う。そんなときはぜひ、卓につく前にMリーグの対局を見て、自身のイメージを仕上げてみてはいかがだろうか。

\近代麻雀の新刊・好評発売中!/
  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!