どうしたアサピン

最強戦実行委員長の金本です。

いま猛烈に怒ってることがある。

 

最強戦を敢行して5日たった。

アサピン(朝倉康心プロ)元気だろうか。

細かい部分については、この観戦記事を読んでいただくとして…

オーラスまさかの三倍満、役満テンパイ! 滝沢和典、激闘を制してファイナル初進出! 麻雀最強戦2020「最強の麻雀戦術本プロ決戦」観戦記【決勝卓】 | 

なんなんだろう、僕がおかしいのかと思うくらい、世の中アサピンへの批判が少ないのだ。

僕はTwitterでよく「最強戦」でエゴサーチしている。この日も終わった後帰りの電車や家に帰ってからも何度も検索した。興奮して眠れず朝4時くらいまで起きていて、この日実にたくさんの人がコメントしてくれていて嬉しかったのだが…

ない…どこにもない!

あんな倍満ツモ逃しをしたのに…

アサピンをたたくコメントがどこにもない…

【観てない方は決勝戦オーラスをご覧ください】

大四喜が出たり、オーラスに三倍満や四暗刻テンパイでドキドキ、最後まで面白かった、みたいなコメントばかり。オーラスのアサピンのあの判断に関してはみんな「アサピンあれは仕方ないね」みたいなのばっか。

えっ昔はあんなことがあると選手への批判なかった?

僕は考えた。

理由1

コロナの中でみんな麻雀を観れてそれだけでうれしい。

これはあると思う。

でも僕が考えてるのは

理由2

アサピンは批判してはいけない。天鳳位だから批判するとファンが怖い。批判すると下手に見える。

これも少しあるんじゃないかと疑っている。

でも、チンイツテンパイ、麻雀を始めて数年の素人でも待ちは分かる。

ドラ

これで切るのに1分かける?

だよね。

ちょっと考え過ぎじゃない?

プロだよね。

さらに、をツモってまた長考、そして出アガリ条件をなくす待ち変えをしてしまう打。枚数の差などいろいろあるが。

とにかく、プロなら大したことない選択に時間をかけ過ぎて、あげくにアガリ逃しをして…まあなんというか、これは昔だったら批判ごうごうだったはず。

観ている人の9割はアガれてるんじゃないだろうか?

それがどうしたんだろう?誰も批判してないのだ。

ここで嫌な理由が浮かんできた。

理由3

アサピン本人がTwitterや番組で謝ったから

なのか?本人が平謝りに謝罪すれば許す、というか「まあしょうがないよ」と慰める風潮。これって優しいようだが僕は気持ち悪い。なんでかって、それで言動を変える人って、謝らない限りめちゃくちゃ叩くからだ。

同じミスをMリーガーの別の選手がやったら、ものすごい勢いで叩かれそうな選手が思い浮かぶ。

これ、すごく気持ち悪い。

謝罪しろ謝罪しろ!

で謝ったら

よし許す!

ってなんなの?

プロならファインプレーは称賛され、ミスはありえね~って言われるべきで僕はこういう世界が好きだ。

アサピン!今回のプレーは怒りポイント60だ!

「麻雀の失敗学2」をすぐ書きなさい!

印税はなしだ!

 

なおこのプレーの深堀りは近代麻雀6月1日売り号で!さらに松本吉弘プロの手順も厳しくえぐっていく雑誌近代麻雀で…!発売を待て!

↓キンマwebの最新記事を読む

キンマweb – 近代麻雀 web