この熱狂は外へ届いたか⁉︎ 牌の気まぐれに歓喜し、翻弄されたMリーガーたちの2年目のエピローグ【熱論!Mリーグ/FS最終日】担当記者:ZERO

熱論Mリーグ【FS最終日】

この熱狂は外へ届いたか⁉︎ 

牌の気まぐれに歓喜し、

翻弄されたMリーガーたちの

2年目のエピローグ

文・ZERO【火曜担当ライター】2020年6月23日

誰が想像できただろうか。

日本中の麻雀打ちが、モニター越しに見える選手たちの一打一打に、かたずをのんで見守り、アガリに熱狂し、そして放銃に悲嘆している。

麻雀プロのような上級者、覚えたばかりの初心者、視る専門のファン。

その腕に関係なく、多くの人が1つの対局を見守り、そして語らう。

麻雀というゲームが、世の中に認められてきた感触がある。
そしてMリーグというコンテンツが、今の元気のない日本を救うのではないか…そんな大袈裟なことすら感じさせる。

そのMリーグの最終戦。
麻雀でいうとオーラスもオーラスを迎え、4チームはこのようなポイント状況になっていた。

1位Piratesと2位フェニックスの着順勝負、さらに3位ABEMASまで十分に条件は残っている。
ポイントが半分になるシステムの都合で、こういう競り合いになりやすいとは言え、最後の最後まで結末がわからない戦いになった。

東家 沢崎誠KADOKAWAサクラナイツ

南家 多井隆晴渋谷ABEMAS

西家 魚谷侑未セガサミーフェニックス

北家 小林剛U-NEXT Pirates

東1局

「ロン、3900」

開局から、衝撃が走る。

なんてことない3900だが、よく見ると上家の沢崎に切られたアガリ牌を見逃している。

(東1局から見逃し?)

今季のMリーグで縦横無尽の活躍をして、この最終戦も任されたエース魚谷が一瞬驚いた表情をする。

しかしすぐに「はい」と返事し、点棒を払った。

自分に言い聞かせているように見える。

これくらいで驚いてはいけない。
この半荘はそういう戦いなのだ、と。

今季の王者を決める、最後の戦いなのだ…と!

一方で、飄々とした表情の多井。

トップは最低条件で、Piratesとフェニックスにいくらかの点差が必要なABEMAS。

魚谷か小林から出てもアガり、ツモでも当然ツモっただろう。

しかし沢崎からだけはアガらない、と決めていたに違いない。

条件戦に無類の強さがある…と定評があり、ABEMASの最終戦に登板してきたスーパースター。

もう周りが「多井は条件戦が得意」と思っている時点で、彼の術中にはまっていると言える。

この3900の見逃しを見て、下家に座る魚谷や対面の小林は、以降「見逃し入っているかも」という疑心暗鬼の中、戦わないといけない。

そういう意味でも3900という点数以上の価値がある見逃しだった。

東2局

「1300・2600」

とすぐに魚谷がツモり返す。

「一回戦で戦った誠一さんがどんな結果で終わろうとも、私が絶対取り返す。セガサミーフェニックスは優勝します」

珍しく強い口調で、こう語ったという魚谷。

魚谷は昨シーズン、チームに借りがあるとずっと感じていたのだろう。

なかなか結果が出ず、そんなときに支えてくれたのが近藤誠一だったのである。

それはポイントだけでなく、精神的な面も大きい。

「ゆーみん、大丈夫だよ」

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!