小林剛、史上最大の下剋上!! ボーダーからの大逆転劇、フェニックス直撃の一本勝ち!!

小林剛、

史上最大の下剋上!!

ボーダーからの大逆転劇、

フェニックス直撃の一本勝ち!!

プロ麻雀リーグ「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日」の最終戦は、小林剛U-NEXT Pirates)がトップを獲得。北家スタートで堅実な麻雀を見せていた小林は、南場に入ってチートイツ・赤1のドラ単騎待ちを、トップ目の魚谷から直撃して逆転。オーラス、マンガン直撃かハネマンツモ条件の魚谷の6巡目リーチをしのぎきって試合終了。最終日、ファイナル初の同日2連勝を決めたパイレーツが、大逆転優勝を勝ち取った。

2回戦の対局者は、KADOKAWAサクラナイツ沢崎誠渋谷ABEMAS多井隆晴セガサミーフェニックス魚谷侑未、そして小林。

東1局、自風のをポンして赤2のテンパイを果たした多井は、沢崎の切ったを見逃して魚谷のに「ロン」。自らの優勝のために、開局から着順操作を意識したアガリを見せる。

しかし東3局、多井は魚谷の反撃に遭う。沢崎のリーチに現物のを切ったところ、魚谷から「ロン」の声。ダブ・サンアンコー・赤1の12000! 多井の目論見を打ち破り、魚谷がトップ目に立つ。

南1局2本場、ドラ。魚谷は喰いタンヤオの仕掛けを入れて、テンパイ。14巡目にドラをツモ切ると、小林が手牌を開ける。チートイツ・赤1のドラ単騎待ち! マンガンの直撃で小林とトップが入れ替わる。

魚谷の南場の親はノーテンで落ち、迎えたオーラス1本場ドラは。多井は役満が優勝条件、魚谷はハネマンツモか小林からのマンガン直撃、またはバイマンの出アガリ条件。

6巡目、魚谷に条件を満たしたテンパイが入り、即リーチ。

魚谷:

ツモアガリなら逆転。小林からが出ても逆転。が出た場合はウラドラが必要。

安全牌のない小林の手にはが浮いているが、ギリギリ踏みとどまって打ち出されない。終盤に近づいて、安全牌が足りた小林がしのぎきり、魚谷がツモることもなく流局。最終局は魚谷の一人テンパイで終局した。

勝利者インタビューで小林は、
「2年間ずっと厳しい闘いを見せてきましたが、ようやくしっかりと勝つところをみせられて良かったと思います。(オーラス、 がでる可能性は)かなりありましたね。魚谷さんの現物だけを残そうと思っていたんですけど、現物が全然増えなくてひどい手詰まりを起こして、正直は出てもおかしくない牌でしたね
と薄氷の勝利を振り返った。

優勝コメント

朝倉康心
「今年1年は自分としては弱さに気づいた1年でした。力強い、温かいチームメイトに助けられて優勝することができて、本当に嬉しく思います。応援していただいた皆様、ありがとうございました」

石橋伸洋
U-NEXT PiratesはMリーグの中では異質の麻雀というか、かなり仕掛けの多い、変わった打ち方だなぁと思う人も多いと思いますが、自分たちは結果を出すことを信じてすべての試合に全力で取り組んできました。来シーズンも、応援のほどよろしくおねがいします」

瑞原明奈
「私は今年から(参加)だったんですけど、U-NEXT Piratesというすでにあったチームに迎え入れてくれたクルー、サポーターの皆様、1年間応援してくれて本当にありがとうございました」

小林剛
「応援してくれた皆様、ありがとうございました。ようやく2年目で優勝することができました。全国いろんなところから応援していただいて、今回たまたま僕が勝つ役をもらいましたけど、チームメイトから普段から麻雀を教わっているので、このメンバーで勉強会をひらいて新しい知識を得て、勝つことができたと思っています。去年、ドリブンズがすばらしい麻雀で優勝して、今年はパイレーツが優勝者ということになりましたので、Mリーグ優勝者の名に恥じぬよう精進していきたいと思います」

【Result】
1着 小林剛・パイレーツ 4万1200点/+61.2
2着 魚谷侑未・フェニックス 2万9600点/+9.6
3着 沢崎誠サクラナイツ 1万9100点/▲20.9
4着 多井隆晴・ABEMAS 1万100点/▲49.9

【Total】
優勝 U-NEXT Pirates +244.7(12/12)
2位 セガサミーフェニックス +185.1(12/12)
3位 渋谷ABEMAS +78.0(12/12)
4位 KADOKAWAサクラナイツ ▲249.1(12/12)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 ▲65.0
6位 TEAM雷電 ▲86.8
7位 赤坂ドリブンズ
8位 EX風林火山

「Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日&表彰式」

KADOKAWAサクラナイツvsセガサミーフェニックスvs渋谷ABEMASvsU-NEXT Pirates

2019ファイナルシリーズは、セミファイナルシリーズを勝ち抜いた
KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
UーNEXTパイレーツ
による直接対決!

セミファイナルシリーズのスコアを半分持ち越し4チームによる計12戦を行い、優勝チームが決定します。

キャスト

KADOKAWAサクラナイツ
セガサミーフェニックス
渋谷ABEMAS
U-NEXT Pirates
実況:日吉辰哉
解説:土田浩翔
レポーター:松本圭世

(C) M.LEAGUE
Mリーグ2019 朝日新聞ファイナルシリーズ最終日&表彰式

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!