胸の炎は消さないぞ! 赤坂ドリブンズ丸山奏子 は「なんなん!?」と叫びたい【Mリーグ2022-23観戦記10/6】担当記者:ゆうせー

胸の炎は消さないぞ!
赤坂ドリブンズ丸山奏子
「なんなん!?」と叫びたい

文・ゆうせー【木曜担当ライター】2022年 10月 6日

第1試合
東家:滝沢和典(KONAMI麻雀格闘倶楽部)
南家:丸山奏子(赤坂ドリブンズ)
西家:瀬戸熊直樹(TEAM RAIDEN / 雷電)
北家:松ヶ瀬隆弥(EX風林火山)

解説:内川幸太郎 実況:日吉辰哉

「どうして… こんなのキツ過ぎるよ…」

そう思った方も多いのではないだろうか。

東4局

画面下の点数表示が、残酷な現実を伝える。

-10400点。

ここまで、丸山にとってあまりにも苦しい展開だった。

東1局は、

親番滝沢の先制リーチに、

丸山が真っ向勝負を挑むも、

滝沢が【2ソウ】を引き寄せる。

裏も乗って4000オールのアガリに。

次局、

返す刀でドラをツモり上げた滝沢。松ケ瀬のリーチをタンヤオで捌いての2100オール。

他家も黙ってはいない。

続いては瀬戸熊、

場に出た役牌の【西】に見向きもせず、門前で豪快に仕上げる。リーチツモ赤赤ドラの2200-4200。

やっと迎えた丸山の親番は、

この男によって、わずか3分で落とされることとなる。

しかも七対子を一発でツモ。おいおい、いくらだよ?

画面右に浮かび上がる、10飜という緑の文字。なんと倍満で、4000-8000。
丸山は座って3分で8000点の支払い。ぼったくりだ! と叫びたくなる。

続いては瀬戸熊のターン。

おさえきれない気持ちを指先に宿して、ゆるがない一通への想いが届く。4000オールで滝沢を追撃する。

この時点で丸山の持ち点は3700点。

折れずに丸山は、前へ前へと攻める。滝沢の先制リーチに追っかけていく。

が、

  • この記事が気に入ったら
    フォローをお願いいたします!
    最新の麻雀・Mリーグ情報をお届けします!

  • 『追憶のM』第3巻が12月1日に発売!