意地のヤミテン炸裂なるか⁉︎「森山茂和vs井出洋介」犬猿対決の結末 麻雀最強戦2020「キングオブ鉄人」観戦記【A卓】

意地のヤミテン炸裂なるか⁉︎

「森山茂和vs井出洋介」

犬猿対決の結末

麻雀最強戦2020

「キングオブ鉄人」

【A卓】担当記者:危険な鬼太郎 2020年3月28日(土)

キングオブ鉄人と銘打ってある今回のタイトル戦。

選ばれた8人はいずれもこの混沌としている麻雀界を引っ張ってきた選手達だ。その苦労は並大抵のものではないだろう。

麻雀プロとして、そして代表としても活躍してきた森山、新津、井出。さらに選手として数え切られないほどのタイトルを獲得してきた金子。

個性と個性がぶつかる対局になるのも必然だ。

【A卓】

東家 森山茂和(日本プロ麻雀連盟)

南家 金子正輝(最高位戦日本プロ麻雀協会)

西家 新津潔(最高位戦日本プロ麻雀協会)

北家 井出洋介(麻将連合)

東1局

いきなり金子が先制リーチをかけてツモアガリ。

リーチツモピンフ一盃口の1300-2600のアガリ。金子と言えば去年は最強線の決勝まで残り、惜しくも準優勝に終わった。

今年こそは去年のリベンジをするべく熱くなっているはずだ。しかし相も変わらずこの男はリーチしても裏ドラが乗らない。

東2局

今度は新津にも手が入る。

なんとメンチンの待ちの聴牌。この新津のテンパイ打牌のドラの打ちに他家も目を丸くする。

例えばこれがB卓に出ている、沢崎誠や古川孝次といった比較的腰が軽い選手が打ったドラなら気にもならないが、新津は基本に最も忠実な打ち手。

特に守備に重きを置いている打ち手だというのは周知の事実なので、そんな新津がドラのを打ったとなればテンパイは明白。そして河を見ればホンイツ、清一色が濃厚だろう。

これに不運にも放銃するのが金子

対局後にこのを打ったことを後悔していた金子だが、この放銃は仕方なく見える。

新津のテンパイ気配は明確に感じるが、自身の手はタンピン三色が見えるリャンシャンテン。東1局のリードを活かすべく、攻めたいところだ。

しかしこれが12000の放銃。1枚もソウズが余っていない清一色なのはきつすぎる。

新津にとっては幸運な、金子にとっては振り出しに戻るアガリになった。

東4局

この局は早くも勝負局になり、まずは森山が3面張での先制リーチ!

待ちのリーチ!正直に言えば、アトミックリーチをするとばかり思っていたが凄くソフトにリーチ宣言をして森山。

流石にアトミックリーチをするには打点が安すぎるのか。

これに追いついたのが金子!

森山の当たり牌のを重ねての追っかけリーチ!ドラの単騎だ。

ドラをツモれば跳満からの勝負手。清一色の失点を早く取り戻したいところだが、

ここは森山がをツモ!1000-2000のアガリ。

清一色まで飛び出した割には比較的おとなしい点数状況で南入を果たした。

南1局

ここまで手が入っていなかった井出にいきなり手が入る。

僅か2巡目にしてこの手牌。ドラのが対子でホンイツまで見える勝負手だ。ドラ表示牌のはすぐに鳴けそうだなぁと思っていたら、新津が先にテンパイ即リーチ!

リャンメンの待ちだ。

これを受けての井出の対応が、

なんの未練も残さずに現物の打。この手牌を七対子に固定した。というよりも降りに近い一打だ。

新津のリーチに対してを打てないと判断をした。とはいえ自分の手牌はドラドラでアガれそうな手牌。辺りを切って様子を見る打ち手がほとんどだろうが、井出はわざわざ危険は冒さない。

  • 最新の麻雀情報をいち早くお届け!